IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
ジレンマ60スーパースティープ


ジレンマSuper Steep登場です!



ど〜もやっとこさ、早明浦から帰ってきました藤木です。
プリプラで疲れた体を癒す間もなく、すぐに出社です。
それは今月も製品の出荷が近づき、様々な物を確認する作業が待っているからなのである。
その中でも、今月の新製品である「ジレンマ60 Super Steep(スーパースティープ)

ジレンマ60とのリップの比較、驚くほど大きなリップだ。

これからの水温が低下しだす秋〜冬。
またまた、春まで大活躍してくれる“シャッド”なのだ。
シャッドと言えば、冬から春のイメージが強いのだが、実は水温が低下し出す、9月中頃からベイトが接岸し出すと異常に効くのが、この手のルアーなのである。

テールの絞り込みも大きな違いのポイントです。
急速ダイブに貢献する水の切れが良いテールデザイン。

一般的にはあまり知られていないが、9〜11月に開催されるトーナメントでは、シャッドをメインに使う選手(バラしてしまうと、うちの社長も・・・)もいるぐらい、爆発力を持ったルアーなのである(使わない手は無いですゾ!)

テールフックにも違いが・・・

と言う事で、今年は高滝ダムや遠賀川など、要はワカサギやハスがメインベイトになっているレイクで、遅れることなく使ってもらおうという事で、チョット早めの生産にしてみました。

分かりますか?ボディがスープアップされているのが、実物で比べて下さい

「Super Steep(スーパースティープ)」というのは急傾斜で潜るという意味。
特にリザーバーに多い、バンクからすぐにある障害物にコンタクトさせる使い方や、ベイトの群れが魚探に映った時に多用する、直撃ドラッギングなどで想像以上の活躍をしてくれます。

同じボディを使っているように思うが、Super Steep専用設計のボディを採用している。良く見るとヘッド部の切れ込みが鋭い、一気に真っすぐダイブするように絞り込まれているのだ。

ジレンマと合わせて使う事で、シャローから3m級のディープレンジまでをカバー出来、狙うべきストラクチャーの深度や種類によって使い分けてください。
タックルは、ジレンマよりもウェイトがあるので、アリウープなどがベストマッチ。
現在、流行のベイトフィネスにも対応しているので、かなり危険な所まで送り出せ、禁断のシャッドメソッドが誕生!

素晴らしい出来栄え。
どれも外せない一個は持っていたいカラーです。(カラーサンプルです)

とにかく、乗り遅れないように早めに手に入れておいて下さい!
昨年のスーパーキラービル現象のようになる可能性あり、です。
以上、藤木の「新製品速報」でした!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ