IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
これがアクションゲイラのスペシャルチューン

ジャバロンの話題性の影に隠れてはいるが、それに負けないぐらい恐るべき力を秘めているのが アクションゲイラ である。このゲイラ、春に高比重モデルを発売し、続いて生分解モデルも出荷された。そのどれもの評価は非常に高く、特に、玄人にとっては自分だけのシークレットな使い方を模索でき、人と差をつけるにはもってこいの素材ではないだろうか。ワームが保管時に変形しないように付いているファクトリーロックは、そのままでもカットしても効果的である。
イマカツトップシークレットで紹介されていたホッグチューンも良い例で、非常に良く釣れる。
先行発売された高比重の場合、インサートシンカーを入れての使用時には驚くぐらいのムービングフォールを見せてくれ、ダウンショットなどとの相性も抜群である。スポーニングの絡んだスローな一点集中型の攻めには効果的である。
旧吉野川では50cmもキャッチ
「旧吉野川プリプラで連日50cmオーバー!」より
その高比重ゲイラに対し、初夏辺りに低比重モデルのゲイラがリリースされる。これが最も威力を発揮するパターンは、水面でのムシムシパターンで、ナイロンラインを使うことによって、水面でのピクピク虫がもがく姿を演出できるのだ。
この低比重モデルのサンプルをガレージ内のプールで色々いじくっていく内に、段々エスカレートして行き、切っては貼りして出来たのが 「ワーイワーイスペシャル」 である。
ジグヘッドをつけると、子供がワーイワーイと喜んでいる姿に似ているのだが、その実力は並ではない、激釣れなのである。その理由は、触覚のようにも見えるこの腕?がフォーリング中に高速バイブレーションし、それに伴って足?もゲイラ特有の不規則なムービングが始まる。
写真を見てもらえれば、分解、組み立て法はわかると思うが、「めんどくさいな〜」と言う方はファクトリーロックを全てカットしてもらっても足が良く動いてくれる。
ただ、ここで肝があって、先ず必ず行わないといけないのが、センターポッドをカットすると言うことで、これがあると軽量ジグヘッドでは水の抵抗を受けすぎるのでよろしくない。
もう一つの肝は、出来るだけシャンクの長いジグヘッドを使うことである。
このようなジグヘッドを使い、ゲイラの頭を少しカットすることで、センターポッド辺りまでフックシャンクが届き、ジグヘッドを刺した部分が硬くなり、フォール時の水流が残りの2本の足にダイレクトに当たるため、非常に良く動いてくれるようになる。
シャンクの短いジグヘッドしかないときは、フックがセンターポッドまで届くようにヘッドをカットすれば良い。
こんな感じで、まだまだ色んな使い方が編み出されそうだが、フットボールジグにチョン掛けというのもサイコ〜でっせ。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ