IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
ジャパンオープンクラシック

これが遠賀の水の色、
ターンオーバーで汽水特有の濁り水に。

今回は遠賀川で行われた「ジャパンオープンクラシック」に出場して来たので、その時の模様をお届けしよう。

遠賀でいきなり釣れたキロアップしかしその後は・・・


遠賀川は、数年前に行われたトップ50の最終戦ぶりで、その時は3位に入賞と、相性が良い時と悪い時(予選落ち経験あり)の差が自分的に激しいフィールドなのである。

その後夕方まで釣れず、厳しすぎ。


お立ちか、予選落ちか?こんな相性の中、プラを敢行したのだが、「本当に釣れない」全くと言って釣れない、「どないしよ?」これがプラを終えた時の感想であった。

何ともスローエリアの長い事よ。
全長は、この3倍ぐらいあります。

その中でも、“アベラバ”は確実に、遠賀バスを釣る能力に長けていると確信した。
と、言うのも遠賀川は全域リップラップ級のチョ〜根がかりリバー。
この川を攻略=「根がかりにくいルアー」と、ルアーのポテンシャルが重要なフィールドなのだ。
「ピュー、ドボン、カキン、コキン、ゴゴン」こんな感じで、着底数秒後には、すでに根がかっているぐらい、本当に根がかりが激しいエリアなのだ。
こんな所でも、アベラバは確実にどんなスモラバよりも根がかりの回避率が、驚くほど高いので、バスが釣れる確率もケタ外れなのである。

アベラバ(2.3g)投げたらすぐ釣れました。


根がからなければ、ポイントを潰す事無く誘い続けられ、「ラインを切ってジグ出して、トレーラー出して、セットして、ライン結んで」の工程が少なくなればなるほど、釣りをしている時間も長くなるし、根がからないと思うと、相当、大胆にストラクチャーを攻める事が出来るのである。(そら、釣れるわな)

2日目のプラではジレンマ60スーパースティープにもヒットが・・・人多すぎで写真撮れません。

話がそれたが、まあ、アベラバがメインでトレーラーは言うまでもない、アンクルゴビー3インチ、(1/16ozには2インチ)
そして、時々ゴブリンヘッド9g&ダイナゴン3といった感じで試合に挑んだ。

ゴブリンヘッドジグ9gをバックリです。


ダイナゴン3インチ、やっぱり効くな〜


今回も初日の成績で半分の選手が足切りされる「恐ろしいサドンデスマッチ」
初日は狙い通りアベラバ&アンクルゴビー3インチで3本を苦しみながらゲットし、恐怖の予選落ちは免れた。

初日はモチロン、アベラバで3本持ち込み、予選通過(低い争いですが・・・)

特に終了間際にヒットした800gフィッシュは執念、気持ちで釣ったバスであり、来年につながる気合の1本であった。

しかし、皆さんうそつきの集まり・・・釣れない釣れないと言いながらメッチャ釣ってます。危うく騙される所でした。

そしてピリピリムードの決勝の朝ですが、かなり寒い朝です。


しかし、2日目はまたしても1本しか釣る事が出来ず、ここはかなりの課題を残してしまった。
こんな所を来年はガンガン勝負してやろうと思っている!!

残念ながら1本。後2本は釣らなければ話になりません。
来季は攻める釣りを心がけ、勝負して行こうと思ってます。

と、まあこんな感じで終わったクラシックであったが、何よりも九州の熱いファンの方達のパワーと元気をもらえたので、これからも頑張れそうである!!

優勝の沢村さんおめでとうございます。良い目標とさせていただきます。
優勝より目立っているクソガキが5位入賞です(笑)

来年は馬淵のクソガキに負けないように気合を入れて行こう。

試合後の談笑はホッとする瞬間ですね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ