IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
スーキラニューカラー登場、使い方のキモ

今年の夏は記録的に暑かったので、「本当に秋や冬は来るのだろうか?」とさえ思えていたが、どうやらまだ日本には四季があるようだ(笑)
ここに来て、寒い日が続く時があり、標高の高い山間ではすでに雪が積もっている所もある。
こう寒くなってくると、ワームやジグなどに反応が無い日も多くなるが、そんな時「頼むぞ!!」と神頼みするルアーが、“シャッド”なのだ。

これはもうマッディ系のフィールドでは文句なしのオススメカラーです、
遠賀川でも極秘でこんなカラーのシャッド使ってましたよ!!

シャッドと一言で言ってしまうが、現在イマカツでは多種多様なシャッドルアーが存在する。
「何でこんなにシャッドが必要なの?」と思う方もおられるだろうが、どうしてもこれぐらいは必要なのです。
もっと言いますと、本当に50cm刻みでレンジ別のシャッドが欲しいぐらいで、それほど「バスのいるレンジのトレース」は重要なのだ。
なので、色んなレンジ別で、特徴を持ったシャッドが存在するのである。

場所を問わず何処でも効きますが、オレンジベリーはターンなどに強いカラーです。


と、言う事で、そろそろ各地でサスペンドシャッドが爆発する気配が漂ってきている。
水温低下に伴って、「バスの動き」では無く、捕食されるベイトの動きに注目したい。
その“ベイト達が動く層”によって、バスが動くと思った方が正解だと言えるだろう。
このベイトに付いて動くバスは、餌を捕食するために動いているので、狙う価値がある。
もし、ベイトが溜まっているような所を魚探で見つけ、その水深がシャッドで届く層ならば、是非シャッドをしつこく引いてもらいたい。

泳いでいる時は、当たり前ですが、こんな感じで見えている。


もう少し水温が下がり出すと、私的にはスーキラ辺りが非常にオススメ。
スーキラの特徴は、リップが大きく良く潜る所ではあるが、このリップが非常に障害物を回避するのに役立ってくれる。
フックはトリプル2本にダブルフックを用いた“キラーフック”が装備されているので、「針が多くて根がかりが多そう」と思えてしまうのだが、そんな事は無く、慣れてくるとかなり危険な所まできれいに攻め込める。
根がかりをさせない“最大のコツは”「リールは巻かない」である。
「リール巻かなきゃ泳がないでしょ」と思われそうだが、まるでワームを使うように、丁寧なロッドワークで障害物を感じながら、ロッドリトリーブするのだ。
もちろん、余ったスラックはロッドを前に倒しながら、リールで巻き取るその後、ポーズでアタリを待つ、あまりにもボトムを擦るようであれば、ロッドを上方で操作し、たまに「コキン」とリップが当るのが理想です。

ボトムノックやジャークではベリーがギラリ。


万が一、リップがスタックしたならば、「ガンガン」根がかりをとる仕草は止めましょう。
ドンドンリップが刺さって行くだけで、そのうちフックも刺さってしまう危険性がある。
こんな時はロッドを上方にあげ、優しくツンツンとラインを弾いてやると、取れる事が多いので試してみてください。
反対にリップがボトムをタッチしなければ、構えを下段へと下げて行くと良いだけである。
そして今回、新色でラインナップされたベリーがチャートやオレンジのモデルは、特にこんな状況で効いてくるカラーである。

チャートのフラッシュも効きますよ〜。


なぜならば、普通に泳いでいる時はナチュラルなカラーなのに、「コキン」とボトムにワンタッチした瞬間、全くトーンの違うマットカラーチャートやオレンジが「バッ」と見えると、バスは無意識にリアクションバイトしてしまう。(この辺がワームで釣れないバスが釣れる理由なのだ)
バスは急激に色が変化するものなどに、異常に反応する習性と言うか本能がある。
特に“蛍光カラー系”はマットフィニッシュと相性は抜群で、艶ありボディにマットベリーと言うのは相当に効果が高いので、いつものフィールドでその効果を是非とも試してもらいたい。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ