IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
シャッドルアーの必要性

とうとう12月に入ってきましたね〜。
12月の前半は意外と寒くない日が多く、(とは言っても寒いですけどね)
防寒をキッチリと決めていれば、よほどの山間リザーバーでもないかぎり、凍える事は無いはず。
水温も寒波が繰り返し来ていた事で、下がってはいるものの、
下がったなりに条件の同じ日が続いていれば、釣りにくいなりにも、その水温に慣れたバスを釣る事が出来るはずだ。
ただ、ハイシーズンの様にバスが“ファーストムービング”にヒットして来る事はほぼ無く、じっくりと見せて食うチャンスを与えたり、
逆に“早引き”でバスのいるディープストラクチャーにヒットさせ、リアクションバイトを得るなど、特殊な使い方も知っておく必要がある。
そして、この低水温期に最も活躍するルアーと言えば、
それはやはり“シャッド”であろう。

ジレンマ60 スーパースティープにも新色登場です。
 

シャッドはバスのメインフードである“小魚”といったビジュアルなので、食わせるスイッチも入れやすく、この時期には「絶対的に外せない」ルアーなのだ。
ところがこのシャッド、イマカツの物だけでも数種類あり、
「どれを使えば良いの?」と悩んでしまいそうである。
私的には、「どれも必要」であり、とにかくシャッドでバスを釣るキモは、“レンジを合わせる”この言葉に尽きる。
バス又はベイトのいる層を的確に割り出し、そのエリアを様々なレンジを攻略出来る、
潜る水深違いのシャッドを通して行く事で、もっとも最適な答えが見つかるはずだ。
そういうワケで、種類が増えて行くのである。
また、KTFレボなど、ベイトフィネスの普及で、シャッドをベイトフィネスで使用する機会も増えて行く。
例えば、オーバーハングの下などにシャッドをピッチングで入れ、トゥイッチ&ポーズで釣ったりする時に、ベイトだとキャストの精度も上がる。
さらに6lbなどのラインでやり取りすれば、キャッチ出来る確実さが増す。

シャッドにも、ベイトフィネスの波が来るだろう。

 

なので、“ジレンマ60スーパースティープ”のような、バンクぎりぎりから急に潜ってくれるシャッドが必ず必要になってくる。
もちろん、広大なウィードエリアを攻略するにも、スーパースティープは活躍してくれるだろう。
ウィードのトップに引っかけ、放置したり、ゆすってみたりして、逃げたシャッドがウィードに頭だけ突っ込み、隠れているように演出する。
これが効果絶大!
これはシークレットメソッドだが、この時期はベイト(ブルーギルなど)が溜まりやすいので、ハマれば凄い事も起きるのだ(入れ食い)!!
ちなみにこの方法、5月ぐらいのポストの時にも効きますよ〜。
と言う事で、やっぱりバスがスローでありながら、
中層付近のポジションを取っている時にはシャッドが効くので是非、試して下さい。
ちなみに“スーキラ先生”は困った時のスーキラ頼みと言われているぐらい、普通のシャッドでは釣れない状況で使って頂きたい。
ジョイントから発生するサウンドやスーキラの最大の武器である、ダートはスレたバスでもイチコロです。
特に早引きには定評のあるスーキラ。
この場合は3本ともトリプルフック仕様の「クランキングスーキラ」がフッキングも良いので私も使う事が多い。

クランキングスーキラ。
フッキングがメチャ良いのが特徴です。
その名の通り巻く時に!
 

低水温期のバスは吸い込みが弱いので、スリーフックはこの時期、重宝するのだ。
サスペンドっぽく、ポーズを入れて使う時はキラーテール搭載のモデルが絶対オススメ!
そっとテイルをついばむバイトでも、バスのアゴをとらえてくれる強みがあり、
その後もジョイントルアー特有の、バスに絡みつくようなスリーフッキングがファイト中に起こる可能性が非常に高いので、そうなると全くバレないのもスーキラの特徴の一つと言えるだろう。
まあ、とにかく1度使って見て下さい。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ