IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
中国出張その2

中国出張初日は、目まぐるしいスピードで時間が進み、就寝出来たのは0時。
翌朝は7時の約束であったので、少し気は楽であったが、旅の疲れと緊張で、どっと疲れが出たため、知らぬ間に寝ていた。
普通なら、枕が変わると寝付かれない宿もあるのだが、今回宿泊したホテルは非常に快適だったので助かりました。
待ち合わせのホテルのロビーに行くと、そこには今回の中国視察をサポートして下さる、日本人在住者の面々が、待っていてくれました。
そして「上海“紫”鯨団」結成し、いざ上海のバスフィールドへ挑むのであった・・・

上海”紫”鯨団結成です。


この視察での足は、メルセデスベンツ?のハイエース?といった車で、10人程、乗車出来るワンボックスでした。
ミッション車で中国ではミッション車が人気のように感じました。

これが中国での足になってくれた、ベンツのワンボックス、10人程乗れます。


出発早々に、この日のプランを聞きますと、
先ず一番目のフィールドは“川”。
8キロに渡り、管理釣り場にしている処へ訪問するとの事。
そして、この日の予定では、そことは別にもう一つもリザーバーに行くプランでした。
「そうか、その川までどれぐらいあるの?」と案内人に聞いたところ、
「400kmちょいです」
私「ふ〜ん・・・、えぇぇ〜!?、よ、400km!?」と思いっきり、ビビってしまいました。

中国で3日間、お世話になった運転手さんです。
日本語も結構話せ、タフな運転で、かなりの距離を走破してくれました。

そうです、中国は広いんです。
400kmなんて近い距離のようです。

サービスエリアです。


すぐさま移動です、高速のSAで買いもんですね。


結構まいう〜です。ここから1時間半ひた走ります。


春雨メンに辛いの入れて食べます。


その後、4時間ぐらい車の中で揺られ、やっとこ高速道路をおります。

立体的な高速道路に、高層マンションが延々と続く。
この国のパワーは計り知れない。


そこから10分ぐらいで目的地の川に到着。
そこには私自身、全く想像していなかった景色が姿を現しました。

4時間後辿り着いたのはリゾートマンション?
と思うぐらい綺麗なマンションでした。


まるでリゾートです。
内心、申し訳ない話では有りますが、
自分のイメージでは、かなり危険な村か何かを通過し、小汚い川まで到着。
なんて事をイメージしていたのですが・・・かなり綺麗なロケーションです。

マンションの隣にはなかなか風情ある景色の池があり、ゆったりと時間が流れていました。


桟橋もウッドデッキ風で、“リバーサイドオープン喫茶”なんかが出来そうな、おしゃれな雰囲気であります。
ここで、出迎えてくれたのは、「シャオミン」という名の中国人バサー。

ナベアキ?シャオミンです。
何故か初めて会った気がしないのは・・・


この方がこの管理釣り場のオーナーなのです。

綺麗なハスキーも出迎えてくれましたよ!


見た目は、“中国のナベアキ”といった雰囲気で、中々ナイスな青年でした。
シャオミンはかなりのイマカツファンのようで、
この管理釣り場でも、自分で“IMAKATSU”のバナーまで作って設置してくれていました。

 何とシャオミンはバナーまで作って、
新しい管理の川に張っていてくれました。


続く。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ