IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
人気爆発中のピラーニャ

昨年末の出荷で現在、“人気爆発中”の「ピラーニャ」を出荷致しました。
C馬監督のビデオを見て、
「このおっさんに釣れるのなら、俺にも釣れそうだ!!」と思った方も多く、この人気になったのだと思うのですが、その通り!
ピラーニャは使う人を選びません。

手前味噌ではありますが、誰が使っても非常に使いやすいと思います。
その使いやすさの秘密は、あの飛び出したアゴとボディの薄さにあります。
特にピラーニャの語源?となった、飛び出したアゴには、集中したウェイトが低重心にセッティング出来るようになっており、強風時にも安定した飛行姿勢を保ちます。

撮影前に他に拉致されてしまったピラーニャ60・・・


発売されているのは他にもカラーがあります。
ラトルタイプはノーマルラトル、サイレント、ソフトタングステンが出荷されています。
これにより狙ったスポットを外す事無く、抜群のアキュラシーを誇ります。
もちろん、その飛行姿勢はディスタンスにも大きく貢献し、空気抵抗の少ない薄型ボディとの相乗効果により、ぶっ飛びの飛距離が得られます。
とにかく狙った所にストレス無く飛んでくれるので、広範囲を一気に探る事が出来るのが、ピラーニャの特徴と言えます。
特に低水温期の釣りでは、“ピラーニャ60”が一口サイズでミスバイトも無くオススメ。
こいつの根がかり回避能力を生かした、ボトム近くでのリトリーブや野池などでは、その最深部でのリフト&フォールを使った、よりリアクション色の強い攻め方でも効果を発揮してくれます。
分かりやすく言うと、“メタルバイブに近い”バイブレーションと言えるでしょう。

そして、その派生ともいえる“スーパーシャロースペシャル(SSS)”

人気爆発中のピラーニャ70SSS。

使い方のアイデア次第で、とんでもない武器になりますよ!!
サスペンドに近い、かなり遅い超スローフォールで、低水温期の活性の低いバスにも、十分追わせる事の出来る、デッドリーベイトです。
そのフォール具合は、春に良く使われる軽量ジグヘッドに良く似ているため、本当にジグヘッドを操るかのごとく、ウィードやゴロタ、テトラなど、バスが比較的中層にポジションしている事の多い、ストラクチャーで使って見てもらいたいと思います。
何かの上(ウィードのトップなど)に乗せて、サスペンドっぽくステイして釣るなど、バイブレーションらしからぬ釣り方も是非、試して下さい。
もちろん、浅〜い水深のフラットなど、水温の上がった時間帯にスローリトリーブするのも超オススメですよ。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ