IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
生産中の新製品情報です!!

今月も、あれに、これに、様々な物を作っている工場ですが、
新製品となる「ジレンマ60スティープ」を発見!

ジレンマ60スティープ新登場です!

 

これは先行で発売されている、
「ジレンマ60」と「ジレンマ60スーパースティープ」の間の水深をカバーするモデルでありますが、どちらかと言いますと、水深はジレンマ60に近いです。

ジレンマ60が「シャローに上がったバスを迎え撃つ」のに対し、新製品のスティープはシャローに上がりたい「待機中のバスを迎撃する」事が出来ます!!
潜る水深が1.5mダイバーのジレンマ60に対し、スティープは2m強。
これはシャローに上がりたい、ファーストブレイクに溜まり出すバスや、シャローに上がったのは良いが、急な寒波で出戻ってきたバスを狙うには、絶妙な水深なのであります。

この時期のバスは、追いかけて食う事はしませんので、かなりピッタリ水深を合わせてあげないと、中々食ってくれないのです。
なので、シャッドで釣るのが苦手な人が釣れないのは、使うルアーの水深が合っていないか、カラーが合っていないか(これは意外と重要です!)
動かすリズムが合っていないかのどれかなのですが、水深が合っていないと“かすり”もしないので、自分の狙いたい水深を良く把握して、ルアーの深度を選んで下さい。
レンジが合っていれば、何らかの反応が有るはずです。

ジレンマ60とのリップの違いは一目瞭然。
潜る水深も違うが、より巻きシャッド色も強いスティープ。
強烈な明滅を発するのが特徴。
(左)ジレンマ60スティープ
(右)ジレンマ60
 

そして、意外と重要なカラーなのですが、
「シャッドだからワカサギだけ持っとこ」というのは間違いで、春先の濁りには、ゴールド、ブロッサム。
強い濁りにはチャート系。
夕方や朝のローライトにもゴールドは効果的だし、晴れた晴天にはゴーストなんかも必要です。

もちろんディープの光量次第ではチャートが爆発する事も多々あるので、カラーは出来るだけ多く持っておいた方が絶対良いです!!
新製品のスティープの場合、引いた感触もかなり良いので、シャッドをこれから試したい方や、初心者にも非常に使いやすくなっています。

注意点としては、ラインは出来るだけ細く3〜4lb。
ルアーを潜らせてからは、ロッドの操作でルアーを動かし、スラックが出た分だけラインを素早く巻き取り、を繰り返すと、シャッドはリップが長い事もあり、意外と根がかりしないルアーだと思ってもらえるはず。
これを慣れない内からリールでグルグル(そんなパターンもありますけど)やっちゃうと「障害物にグッサリ」といくので注意が必要です。

ちなみにロッドは、私はアリウープを使っとります。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ