IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
レーシングシラウオ

2月末に出荷した「レーシングシラウオ」ですが、
その存在はギリギリまで秘密?という訳ではなかったのですが、
デジーノとのコラボなので、そっちを優先?していました。

とうとう出荷されましたレーシングシラウオです。

レーシングシラウオは、その名の通り、かなりレーシーなルアー。
ワンレースのみに的を絞った、ファクトリーチューンのルアーです。
実際に使って頂くと、そのナチュラルな動きには驚くはず。
特にクリアーウォーターでは絶大な威力を発揮します。

 

この中にフックと、万が一の時様にスペアーのヒレが入っています。

間違って捨てないで下さいね。
ちなみに始め知らすに、私は捨ててしまいました(涙)
昨年のトーナメント結果を見ても、早春の河口湖の試合では、1本で上位に入賞出来るぐらいのキャッチ率の中。
レーシングシラウオをシークレットとして使っていた阿部ちゃんは、関東では信じられないぐらいのビッグバスを連発していたのには、私も驚きました(笑)
その原動力こそ“レーシングシラウオ”
一見はかない感じのルアーですが、ハマった時の破壊力はビッグベイト並みです。


これがスペアーのヒレです。小さいですが、役割は大です。
セットの仕方はインライン方式。
ラインをルアー頭部のホールに通し、ダブルフックに結ぶ。
そして、下のヒレに挟み込む、キラーテール方式です。
バスがフックアップするとボディとフックが離れ、ボディの破損を防ぐ機構です。


フックセットはボディにダメージを与えにくい、インライン方式。
ホールに通したラインをフックに結びます。
モチロン、フックがフリーになるのでバラシも激減し、キャッチ率が上がります。
ボディは見た目以上の強度がありますが、無茶をすると破損する可能性があるので、ご注意を。
バスをランディングする際はネットなどを使用し、
間違ってもボディなどを持たないようにして下さい。
どんなルアーでも、ボート上でバスが暴れた時に、ルアーを破損する事が多いのですから。
ネットを使うとバスが暴れなくて、フックも外しやすいですよ。


ラインに結んだダブルフックのスリット部分をヒレにあてがい、スライドさせるだけで簡単にセット出来ます。
フックは通常、カルティバの“ダブルフックSD-36”を採用していますが、
好みによって細軸にする事で重量を軽くするなど、
工夫する事で沈みにくくする事も出来ます。


フックはオーナーSD-36が標準です。
しかし、こんなルアーを「ウニョウニョ」させていて、
下からでっかい口が突き上げて来たら心臓止まりそうになりますね〜。
一度体感したら病みつきになりそ〜。
恐ろしいほどのデッカイ口に襲われるのを、一度、経験してみたいもんです。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ