IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
TOP50第1戦、早明浦ダム

今回は早明浦ダムで開かれたTOP50初戦の模様をお届けします!!

最近、相性の悪い早明浦ダムです。

今年の日本列島はどうなっているのだろう?
4月も末というのに、どうも春らしい日が長く続かない。
むしろフィールドに出てみると、地上とは違い「寒いのだ!」
桜も咲き、釣れそうな雰囲気は“ムンムン”しているのに、何故か水温は低い。
そこそこ水温が高い日もあったりし、その日に当たれば、まあまあ良く釣れたりもする。
ただ、一度天候が不順になれば、全く釣れなくなったりするので、
そのギャップで一気にバスを見失ってしまう。
こんなサイクルが、プラで目まぐるしく移り変わったので、
本当に戸惑ってしまったと言うのが、自分の敗因であると思う。
プラでは、そこそこ良いバスを毎日釣る事が出来ていたのだが、
本音を言いますとハッキリと「これ」という事が出来ない感じ。

プラではこんなバスも結構釣れる日もありました。

 

とにかく漠然としか釣れなかったので、小さくまとめようとかなり守りに入ってしまった。
ノリきれない時というのはサイクルが悪いモノで、バラシやフッキングなどのミスも付きまとって来るから怖いデス。
そして、そんな中、今回のメインとなったのはダウンショット。
4m前後の岩がらみの岬をじっくり攻めるという戦略であった。
メインのベイトとなったのは、今月に初出荷となる、
“アンクルミノー”がダントツで反応が良かった。

アンクルミノーのダウンショットにゴブリンバット0.9gを使用してます。
 

 初出荷のアンクルミノーとフッキングマスターライトクラス#2とのマッチングはサイコーです。


春特有の白濁りとローライトの中では、“イマエワカサギ”カラーが抜群の反応が、プラから続いたのであった。
こんな戦略で初日は何故か集中できず、自分を見失い1本しかウエイイン出来なかった結果45位と最悪でした。

初日はダメダメでした。

 

2日目は、連チャンで調子が出て来た物の、どうもノリが悪い。
四苦八苦しながら何とか3本ウエイインしたのだが、
もっと集中力を発揮し、リミットを達成しなくてはならない展開だと感じていた。

2日目も展開出来ず、3本でしたが15人抜きもむなしく31位でした。


戦略、これは今でも間違っていなかったと思うが、
どうも人間がやり切れず、集中できなかった。
2日目に15人抜きであったにもかかわらず、20gそこそこの差で予選落ちとなってしまったのでした。(悔しすぎです)

わずかの差で予選落ちでした、残念。


まあ、こんな間抜けな展開をしてしまった本トーナメントでしたが、
社長はやってくれました。
目からうろこがこぼれる「あっ」という素晴らしい展開。

ウェイインの時間には凄い人数の観客が訪れてくれました。


理想的な釣りでさぞかし楽しかったと思います。
苦しみもありますが、それを乗り越えた時に楽しさが待っていると思いますが、
剛柔取り交ぜての優勝は素晴らしくカッコいいの一言です。
とにかく、身内の勝利は沈んだ心も奮い立たせてくれました。

社長の復活逆転完全優勝でした。

次は自分も頑張ります。
それにしても「おめでとうございました」

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ