IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
アベラバNewラインナップ!

アベラバに5gと7gが追加発売されました!!


スモラバと言えば、結構軽いところのウェイトが多く、このぐらいの重さのスモラバはほとんど皆無と言えると思います。
アベラバを作り始めたテスト期間に、この重さも順次テストしたのですが、かなり使いやすく、しかも良く釣れました。
相当コンパクトなジグですので、かなり低活性なバスでも、思わず「吸込んでみようかな」と思うのでしょう。
チョット吸ったつもりが、すっぽり口の中へ・・・(笑)
ターンオーバーで生命感の無い湖でも、こいつは小さい割に重いので、素早い動きが可能になり、餌を食わないバスでも、リアクションでバイトに持ち込む事が出来ました。
もちろん、アベラバ譲りのアイの位置やヘッド形状とバランスなので、根がかりも少なく、スタックしても障害物にはフックアップせず、ポロリと外れてくれます。

ちなみに、アベラバは4gからパラレルのツインガードになっているので、カバーなどでもスナッグレス性は非常に高いと言えます。

パラレルツインガードなので、こんなふうに開いてVガードにするなど、シチュエーションに合わせてセッティングしてみて下さい。
 

もちろん、カバーに入れる事も想定していますので、5gからはフックの強度やゲイブの大きさなども、専用設計のフックになっているのも見逃せないポイントです。

昨年、クラシックが開催された遠賀川でも、ターンオーバーで非常に水質が悪化していたので、アベラバの5gをメリハリのある“リフト&フォール”にポーズを組み合わせたメソッドで釣っていました。

昨年末の遠賀川で開催され、チョー釣れなかったクラシックでのメインベイトでした。

 

これもプラでアベラバ5グラムで釣った遠賀のナイスバスです。
 

フットボールと言えば10〜14gのリアクションといったイメージが強いのですが、この時はこのウェイトでは全く反応無し。
その中、アベラバの5gは効きましたね〜。
こいつのお陰で、無事予選も通過し、決勝も5g“ナイスフイッシュ”を釣りあげられました。

予選通過の釣果です、全てアベラバ5g。

このアベラバを使うタックルなのですが、それほどヘビーなタックルも要りません。
カレイドの“インパラ”や発売されたばかりのデジーノ“スティングレイ”などで使ってもらえればいいと思います。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ