IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
TOP50第3戦、旧吉野川

今回は、先日行われたトップ50、3戦目となる旧吉戦が行われたので、その時の模様をお届けします。

旧吉の水辺プラザです。
 

皆さんご存じの通り、旧吉と言うフィールドはナイスキーパーが多い。
5キロ6キロというビッグウェイトがでやすい、スーパーフィールドであるが、
今年は台風が連発している事もあり、水温が中々上昇しない。
不安定な状態で、水温が上がったり下がったりを繰り返している。
なので、驚く事に旧吉は「ポスト?」と思わされるようなバスが多く存在しているのが今年の特徴で、こんな要素により、かなり釣りにくい状況での試合であった。
しかも、試合直前に台風に直撃を受け、プリプラと同じ様な状況になり、この時から、全く季節の進行を感じられなかった。

これだけのバスボートと四駆が集まると壮観ですね〜。

こんな内容から非常に釣りにくいのだが、「釣れる」と言うイメージが強い旧吉でプラをしても、中々切り替える事が難しい。
しかも今回は台風の直撃で、プラが1日になってしまっていたので尚更だ。
とにかく、“釣れなさ”はプリプラで慣れていたので、慌てず対応できた。
こんな中、私が組んでいたのは「ダッドカットのイカチューン」と「アベラバ+アンクルゴビー3インチ」の2種で、ひたすら撃つと言った戦略でした。

これは旧吉にかなりマッチしたメソッドです。
ダッドカットのテールをカットしたイカ、ノーシンカーです。

ただやみくもに撃つのではなく、ダッドイカはアシやオーバーハングの奥。
アベラバは流れの当るガマに溜まった、浮き藻や切れアシのポケットに2.3グラムをねじ込む方法です。
両者に共通するのは、丁寧に間隔を短くとり撃って行く事に尽きます。
こんな感じで、初日は4本、2日目3本。

初日のウェイインは4本です。

2日目3本です。

そして予選を通過し、3日目は2本でフィニッシュしました。

3日目は残念ながら2本でした。くやし〜

ただ、悔やまれるのは初日に3本、2日目にも3本、3日目は2本せっかく食わせたバスをバラしてしまった事で、これは本当に自分の下手さ加減に呆れてしまった。
ここはチョット練習不足でありました。

釣れないと言いつつも、結構釣るのがトップ50です。

今年は、あとチョットと言うところが多いのですが、着実に上向いているとプラスに考え、後2戦戦って行きたいと考えています。

気が付くと、ボギー、馬淵、社長と表彰台占領です。

それにしても、アベラバは本当にタフッた時や困った時に、必ず期待にこたえてくれると感じ、もうちょっと上手く使いこなせればと反省しています。

これは恐るべき最終兵器のアベラバ+アンクルゴビー。
今回は2.3グラムをベイトフィネスで使用。

それにしても、今回は新しいラッピングのスパイダーネットが、バスを捕獲してくれたのでは?と思ってます。
これからは、もっともっとバスを“釣れて”来てくれる事でしょう。 

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ