IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
TOP50北浦、公式プラ〜初日

この水系は、とにかく「これでもか」と言うぐらい風が吹く。
なので、かなりのラフウォーターとなってしまう。
今年からレンジャーZ520に乗り換え、結構不安を持っていたが、
昔のレンジャーから比べると、雲泥の差ではあるものの、セッティングがバッチリ決まったチャンピオンから比べると、荒れる度に辛い日が続く。
プリプラの数日間で、結構体がやられてしまったように感じた。
今でも首から脊髄に沿って走る筋がかなりの疲労で、痛みを感じるのだが、こうなると、長時間、集中力を保つのはなかなか難しい。
こんな状態で、公式プラ初日が終了すると、頭痛まで酷くなり、肩こり、腰痛、眼精疲労など、たまらなくなるのが若い時との違いで、多分同年代のプロはこんな悩みが有りながら、戦っているのです。(フェイタス貼りまくりですよ)

公式プラのファーストヒットも、ジンクス

 

公式プラでは、やっぱりスピナーベイトが圧倒的にバスに効果的だと感じたが、狙う場所が、かなり点在していて、バッティングするのは必至である事を考えると、移動などにも相当な時間が掛かるので、そのポイントの近くで、フォローの何かを見付けたかったが、見つけられなかった。

雨の中、グッドサイズがヒット。

プラ2日目も、あまり良い感じではなく、
スピナーベイトには、かなり少ないが、バイトは有った。
これにより、メインはジンクスミニスーパーブレード3/8ozに決まり。
1.5m〜2mに狙いを定めた。
そして、それより浅い所にはモグチャを使い、風が無く太陽の日差しが強い時にはスピナーベイトでバイトが無くなると思い、プリプラで良かったアベラバ5g+カーリーゴビーを使う事とした。

新入社員も頑張っています。


試合当日。
無風、しかし、予報では「風速10mの風」と報じる予報士もいた。

いつもながらスタート前は緊張します。

 

スタートし、プラン通り北浦をスピーディではあるが丁寧に攻めるものの、全くバイトが無い。
いきなりプランが崩壊し、頭の中が真っ白になる。
実はこの日の明け方に、かなり強烈な雨が降り出し、起きてしまうぐらいであった。
この雨が影響し、濁りモードと水温の大きな低下を招いていた。
スタートから1時間ぐらい経っただろうか、強烈な風が吹き始め、釣りがかなり困難な状況。
予想外の“ズ―ボ”を食らうかと思ったが、諦めることなく、下流の護岸へ。
ここはドン深なのだが、ある一部が張り出してフラットが出来ている所。
ここでジンクスミニスーパーブレードが、1,100gのキッカーを引きずり出してくれた。

それがこのバス、首の皮1枚つながりました。

 

その後もやる気満々で引きまくるも、あえなくゲームセット。
最悪の1本、「又もや予選落ちの濃厚なスタートか」と思っていたが、
あまりの激変に強烈な風が吹いた事もあり、23位のスタートであった(自分では40位ぐらいと予想していた)

それがこのバス、首の皮1枚つながりました。

 

2日目も、すでに手はないが、明日もジンクスミニスーパーブレードを引きまくるプランは変わらない。
日に日にコロコロ変わるフィールドなので、
自分にその変化が合ってくれる事を期待して初日を終えた。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ