IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
新発売情報!マブクロー


今月は新製品が目白押しです。
その一つが、“マブクロー”3インチ。

新登場のマブクロー。

テストでも相当に良く釣れたワームです。
もちろん、馬淵がテストを行い、試行錯誤して来たアイテムである。
このクローのコンセプトは“よりクローらしいクローワーム”で、見ての通りの大きな爪が、よりその存在感を強調している。
マブクローの特徴である大きな爪は、フォール時に良く動き、ボクシングでの「ピーカブ―スタイル」によく似ていて、上体を常に揺らし、相手に的を絞らせない動きをイメージしてもらえば、分かりやすいのでは。

大きな爪のピーカブ―スタイル、存在感抜群です。

適合するウェイトは、3.5g〜と範囲が広く。
3.5gシンカーのテキサスでも、良く動くように設計されているので、ベイトフィネスチックな使い方でも、効果を発揮してくれる。
それ以上のシンカーをセットした時でも、通常のワームに比べ、爪に抵抗があるため、ワンランク、ツーランク重いシンカーを使っても、思った以上にスローにフォールしてくれるため、よりタフな状況でもバスに口を使わせやすくなる。


この手のワームはついついフォールで手が動くので、何度も“リフトしてフォール”を入れがちになってしまうが、狙ったポイントにワームをフォールさせ、その後はシェイクなどを用い、タイトに狙うのが正解と思います。
この手はそんなタフッた状況でも、わずかな動きに反応してくれるので、イメージとしてはパドルが2個付いているような感じで誘ってもらいたい。
結構、マッディな所ではパドルは強烈にバスを誘ってくれるので、こんな使い方がオススメです。
1点シェイクでシンカーを動かさずにシェイク。
障害物にラインを引っかけ、そこから抜けないように素早い動きを加える。
これはリアクションでバスに口を使わせしまう“コツ”と言えます。


そして、大きな爪が後方についていて重心が後方にあるので、非常にピッチングがしやすく、アキュラシー度も高くなる。
寒くてもビッグフィッシュは、シャローにいるので、
マブクローを撃ちまくって、デカバスを釣りあげて下さい!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ