IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
意外!?モグラモスチャターパーフェクション1/2oz新登場です。

意外ですが、パーフェクションの1/2oz初出荷ですよ。


もう11月も終わりだと言うのに、意外に暖かい日が続いたりして、毎朝「今日はどんなレイヤーにすれば良いのだろう?」と悩んでいます。
こんな状況よりは寒ければ寒いで、そのまま続いてくれれば慣れてきて、それなりの生活になるのですが、寒暖が目まぐるしいので余計に疲れます。
まあ、魚もこんな状態なんでしょうね。
バス達も、いい加減に「安定した寒さになってもらいたい」と思っているかも知れません。
ただ、こんな状況にも関わらず琵琶湖では、まだまだチャターでは結構釣れているようです。
暖かい日が続けば活性が上がり、モグラチャター引きまくりでバイトしてくるようですが、チョット寒波が入ってきた時などの時には、以前このページでもご紹介した、アフタースポーンのルアーをあまり追わない活性の低いバスに合わせたモグラチャターの使い方。
この使い方も視野に入れてチャターを使ってもらいたいと思います。

これがテスト時のワンカット。


 

1/2ozのカーブロールで仕留めました。
実は、あの時に使っていたモグラチャターはパーフェクションモデル。
このカーブロールを交えて使う、チャターメソッドの時は“3/8oz”のウェイトに加えて、“1/2oz”のパーフェクションのテストサンプルも使用していました。


と言うか、あの時は1/2ozの最終サンプルのテストがメインで出船していたのですが、この釣りには(フォール系です)1/2ozがかなり活躍してくれました。


ちょいと浅目のウィードパッチのアウトサイドを3/8ozで攻め、
それより少し深いベイトの絡むウィードフラットのカーブロールには、1/2ozぐらいのウェイトの方が、ラインを引っ張って沈んで行ってくれるので非常に使いやすかったのです。


そんなこんなで、どちらのウェイトでも結構釣れたので、無事テストは終了。
その後は本金型、そして生産と言う過程で今回、“モグラモスチャターパーフェクションの1/2oz”を追加で新発売する事になりました。


意外な事にモンスターに1/2ozがあったのに、パーフェクションには無かったので、今回初登場と言う事になりました。
そして1/2ozが出た事で、更にこれからの冬に向かってもモグラチャターの使い方にバリエーションが生まれ、更に新しいパターンが発見されるかもしれません。
ちなみに、このモグラチャター。
まだ発表していない「釣り方」やセッティングも隠されており、それらを自分で探すのも面白いと思いますよ。
ここのところは社長のDVDを見てもらえれば、明かされているのでかなり勉強になりますよ。


とにかく気が付けば、このモグラチャター。
意外と年中釣れていますのでDVDを見て、是非“モグラチャターマスター”になって下さい。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ