IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
アベラバのちょっと重いところの秘密

新年はどのようにお過ごしでしょうか?
ほんっと最近は寒いですよね〜。
こう寒いと外に出るのが億劫になりそうですが、寒さに負けず。
是非、釣りには行って頂きたいと思います。
もちろん、私も若い頃は冬も夏も無く、釣りに行きまくっていたのですが、その若い頃の経験が今でも財産になっていて、厳しい冬の釣りは今でも何故か頭の片隅に残っていて、思いだす事も多いです。
多分、厳しい分、「してやったり」と言う嬉しさが大きいので、忘れ得ぬ思い出となっているのでしょうね。
今は昔と違ってレイヤードも良いモノで揃えると、寒さも感じない、快適な釣りが出来るので、極寒の1本に挑戦するのもいいでしょう。

こんな釣行に今や欠かせないのがスモラバ。
とにかく1年中大活躍を見せてくれスモラバですが、巷では多分「スモラバ」と言えば、1.8g前後の軽いモノを挿すのでしょう。

アベラバ3.5、4、5g、ちょいと重いスモラバです。

 

ただ、ここでオススメしたいのは、3.5gから上のヘビー?スモラバ。
アベラバには3.5から4g、5g、さらに7gもあります。
ここら辺まではスモラバのシルエットなので、カテゴリーに特別に入れておいてください。

トレーラのチョイスで、かなりボリュームが変わって来ますので、ショートバイトが多い時は敢えて重いヘッドに小さなトレーラーも有り。

 

3.5gはベイトフィネスでも活躍してくれますが、スピニングを使った、パワーフィネスで使うのも良い方法です。
なので、ここまではガードがシングルになっています。
4gは「3.5gと変わらんな」と思う方も居ると思いますが、
この僅か0.5gの差が大きく使いやすさに差が出ます。

これは、テイルを上向きにセットした物です。

 

浮き上がりが抑えられ、一定層が引きやすくなりますよ!
とにかく、ベイトでのキャストや操作性が格段に増します。
3.5gに比べても、ゴミ撃ちなどのカバー撃ちの貫通率が高くなって来ますので、ストレスが結構軽減されます。
しかも、スモラバのシルエットなので、バスもバイトしやすく、この釣法はかなりオススメです。

トレーラーにはアンクルゴビーを使う事が多いですが、
ヘッド部分をカットしてジグにセットする事が多く、シルエットもコンパクトなので、ゴリやエビに見え、バイトが多くなります。

アンゴビーのヘッドはカットすると、挿しやすくなりますよ。

 

アベラバ3.5と4gに2.5インチと3インチのヘッドをカットした物を装着してみました。

 

そして、更に入りにくいカバーでは5g、7gと単純にウェイトを上げていけばいいだけです。
5〜7gからはフックもロングシャンクで、線径も若干ヘビーになってますので、少々キツいカバーも攻める事が可能です。

 マブクローも、ヘッド部分を少しカットする事で絶妙にマッチします。


5gからは線径やフックサイズが、若干大きくなるので、マブクロー(3インチ)も、トレーラーとしてマッチングも良いです。

 

上から見ると、こんな感じです。

 

また、シーズンインになりますと、店頭から消えてしまうと思いますので、今のうちに、見つけたら買っておいてもらいたいと思います。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ