IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
モグラチャターバズ

先日、琵琶湖にテストに行って来ました。
此処のところの琵琶湖の状況は、聞くところによると、ウィードが例年に比べ、非常に少なく、水温も何と・・ゴールデンウィークから1度しか上がっていないようです。
これにはビックリ、でも、確か昨年もこんな状況であったように思います。
私の持論では、季節は一昔前に比べると、確実に1ヶ月遅れていると思います。
なので、ゴールデンウィークから、6月末でもそう変わらないはずです。
(それにしても低過ぎです。)
こんな状況の中、とあるモノのテストを行おうとミックを出船。
ボートを下ろして直ぐにエレキを降ろし、スロープの隣にある葦の岬に、何の気なしにバズベイトをキャスト・・・。
と、言うのも、この葦の岬の前には、水面に顔を出しそうなエビ藻が見えていたからです。
そして、2〜3投で炸裂!!

ミックを出て数秒後の出来事でした。


こんなもんです、ただ、うねりの波が当たっていた場所だったので、出てくるとは思ってませんでした。
実は、この日は他の物のテストだったんですが、良い感じのロケーションがあれば、キャストしようと用意だけしていました。

これがモグチャバズです。

 

やっぱり、エビ藻のパッチから出てきました。
バスが食う瞬間まで、バッチリ見えたのですが、そもそもバズベイトは非常に乗りにくいルアーで、出た瞬間にビックリ合わせしてしまうと、バスの口からルアーをひっぺがしてしまいます。
でもこの時は、何故か非常に落ち着いていました。
バスが反転し、ロッドに重量がかかった時にフッキング出来、しっかりとフックアップしていました。
多分、「何が何でも釣ってやろう!!」と思っていなく、軽い気持ちで投げたからだと思います。

何の気なしに投げたモグチャバズにヒット。

 

昔に私もガイド業を琵琶湖でやっていたのですが、
その時にも、バズのパターンが始まると、グラスロッドを導入していたぐらい、バズって合わせるのが難しいのを思い出していました。
その時にもゲストには、
「バスがバズに出ても、我慢して一定速で巻いて下さい」
「そして重みがロッドに乗ったらフッキング」と教えていましたが、それを実践できた方は、満面の笑顔で帰られた事も、当時の記憶として思い出してしまいました。

ロッドは懐かしにハスキーワインダー、グラスです。

 

本当に、バズとフロッグはフッキングのタイミングを取るのが難しいです。っと言うよりこの2つのルアーは、“ハートブレイクな派手なアタック”が多いため、ついつい分かっていても合わせちゃうんですよね〜。
なので、こんな感じのフッキングを参考にしていただければ、と思います。

ナイスですね〜メッチャクチャ引きました。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ