IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
これから活躍間違いなし!浮くダルド(フローティング)

昨年の末に飯田から、
「作ってもらいたいルアーのサンプルがある」と言う話があった。
それは“ダルド”のフローティングモデルでありました。
実は、それよりかなり前からフローティングの要望があったのだが忘れとりました。
冬になると、水深の浅い川に(メジャーリバーらしいです)釣行が増えるため、再度のリクエストでした。
岸からのアプローチが多いアングラーにとっては、圧倒的にシャローでの釣りが多い。(当たり前か)
かなり浅い所を攻めるとなると、ボート主体の私達のベーシックとは違い、
ルアーも、より浅いところを攻める事の出来るモデルが必要になる。
引いたルアーがボトムにコンタクトし過ぎるのを嫌うため、ロッドティップを高く保持したりする工夫があったりする。
この時にサスペンドモデルではスタックしたら、障害物をかわしきれない事がある。
こんな経験をした事があるバンクフィッシャーなら、スローフローティングで障害物から離れすぎず、かわす事が出来るタイプを求めるのは当然だなと考え、制作する事にした。
その後も良く話を聞いていると、冬に良く行くフィールドには淡水性のサヨリが泳いでいると言う。

要望のあったダルドフローティング。

サヨリと並べるとバッチリハマるのが分かりますね。
それにしても、シルバーシャイナーは凄いカラーです。

この事からも「ダルドなら“マッチザベイト”だな」と思いながら、それだけ条件が揃っているなら「飯田なら、絶対に釣ってくる来るだろう」と思っていた。
そして、東京で大雪の降った“成人の日”に飯田からメールが入り、
「何だろうと?」開いてみると、何とそこにはビショビショになりながら“ダルドフローティング”で釣りあげたバスとのショットがあった。

東京は大雪だった成人の日に、びしょぬれで素晴らしいバスをゲットは流石やな〜。

早速聞いてみると、何とこの極寒の日に釣行し、仕留めたようである。(ア然)
こんな日に・・・・「アホちゃうか?」と思ったが、それでも狙い通りに仕留めて来るのは本当に「凄いな」と感じてしまいました。
冬はやっぱり、底の水が冷たいので、「バスは少し浮く」傾向にあるので、やっぱりプラグがバスを手にするキーになると思います。
これが理解出来、経験を積む事で厳しい状況でも確実にバスを釣るスキルを持つ事が出来る事でしょう。
特に春が近づいてくる時期に、ナチュラルレイクでは、“ダルドフローティング”がかなり活躍してくれると思います。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ