IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
今から来るビッグロイドの使い方

今年の夏は本当に暑かった!
もしかしたら、「熱かった」と言う漢字の方が当てはまるかも?知れないぐらい気温が上がり過ぎたと思います。
その夏も、日の入りは早く日の出が遅くなってくると、日照時間が短くなり夜間は非常に過ごしやすくなって来ました。

こうなると、此処のところ雨が多かったのも手伝って水温が一気に降下してしまい、一時的にバスの活性が下がっているように感じます。
ほんと暑いと、釣りに行く気もしなかったのですが、日中は日差しが強いものの、時折涼しい風が吹いてくるようになってきたので、ボチボチ湖上に出動しようかなと思っています。

まあ、気温が下がってくると、僕らのようなおっさんも「釣りに行こう!」と思ってしまうのと同じで、大型のバスもそろそろ動き出してくる頃なので、このチャンスは逃してはいけません。

水温が下がり出して来ると、シャローから、ディープまで、どの水深にもバスが居るような感じになり絞り込みにくくなりますが、大型のベイトが多いシャローは意外とビッグバスが釣りやすい状態になってくる筈です。

琵琶湖などでは、ギルの群れが「プカプカ」背中を出して漂っている周りや河川フィールドでは、絶対忘れてはならない「落ちアユ」がベイトになるので、こう考えると秋はビッグベイトが各フィールドで絶大な効果をはっきしてくれるので、外す事は出来ないルアーになってくると思います。
ただ、昔ほどバスも無垢では無いので、ただ引くだけのビッグベイトは余程条件が良くないと釣る事は難しいはずです。
そこで、使ってもらいたいのが、アンドロイドです、特にこれからの時期ビッグロイドは強力な武器になってくれると思います。


なにせ、初めは「デカいな〜」と思っていたアンドロイドやアユロイドも、慣れてしまえば、「なんか?小さいな〜」と思うようになって来ます。(慣れっていうのは、恐ろしいもんです)
初めは「デッカ」と思っていたビッグロイドには、デカバスのチェイスがやたら多くなった事に気付きますが、チェイスが多い=バイトしてくる確率も高くなります。
使い方は、難しく考えている方が多いと思いますが、簡単です。


「ここら辺にバスがいそうだな」ってとこにピッチングでダイレクトに入れたり、障害物から少し離れた所に、わざとぶち込んだりするだけです。
その後は、バスの方から近寄ってくるのを、ポーズを主体に待つだけで、止めていると結構バスが湧いて来ます。
ここからは、「チョン」っとアオリ、ダートさせたり、逃げたベイトに反射でバイトする事が多いので、即合わせが必要、なのでスラックの取り方や流れの方向などに気を配り操作ができるように心がけます。
もちろんタックルは捌きやすく、操作がしやすいガンスリのような、スティッフなロッドが必要です。


河川の場合は、弱った落ちアユが、流されて行くようにナチュラルにドリフトしたり、やはり障害物付近でダートさせたりすると、下から一気に飛び出して来ます。
全般的なコツとしては、「投げ過ぎない」のが重要、自分がコントロール出来る距離で使う事が重要です。
いぜれにせよ、ビッグロイドの釣りは、麻薬のような中毒性があるぐらい、非常にエキサイティングでスリリングな釣りです。
そして、私がこの秋に試そうと思っているのが、キャロライナリグでのビッグロイド、カリフォルニアのビッグバスレイクでは、結構ディープでトローリングし、ビッグバスを仕留めているのが多いので、琵琶湖の北湖では効くのでは?と注目しています、もしかしたら全然だめかもしれませんが、発想を試してみる事がバスフイッシングの楽しい所でもありますので、もう少しターンが本格化し、ディープにバスが多くなれば、試してみようと考えています。


それと、アンドロイド系の特徴としては、サスペンドセッティングを施す事で、来るべき冬にも、反応が良い時が多いので、この秋に是非使い方をマスターしておいて下さい。
ちなみに、シンクレートを換えるチューンは、社長が幾度となく紹介しているので、そちらの方を参照下さい。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ