IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
フックハンガー


簡単・便利な手作りフックハンガー



とうとう、地獄への第一歩となる亀山戦が始まる、亀山を皮切りに、連戦が続き、まさに「死のロード」と化す。
なので、現在亀山に向けての用意でてんてこ舞いなのだが、レンタルボート戦なので用意の大変さもさることながら、
荷物の多さは超ど級で、愛車は荷物でてんこ盛り状態である。
まあ、盆休みなどを利用してコツコツと準備をしてきたので慌てて用意と言うのは避けられたが、それでもやってもやってもエンドレス、用意に時間をかければかけるほど荷物はドンドン増えていくと言うのが判明した。
ただ、タックルの整備もこのときにやっていたので、助かったが、トーナメントでは良い流れを断ち切らないように、準備するのも必要だ。
試合などで実際時間に迫られると、ロッドをチェンジする時に、ルアーをロッドに掛ける所に困ったりする。
ベイトロッドなどだと、リールのサムレスト?などに用意にルアーのフックを引っ掛け素早くロッドをチェンジする事が出来るのだが、特に困るのがスピニングではないだろうか。
先ず、ベイルアームにルアーをひっかっけようも、べイルが返ってラインがでてしまったりトラブルの原因になるし、苦肉の策でグリップのコルクなどにフックを刺したりしてしまうが、終いにコルクが割れてきて哀れな姿になってしまう。
そこで、軽い気持ちでステンレスワイヤーを曲げてグリップに刺し接着すると、これまた大変便利だな〜と思うものが
出来てしまった。何より簡単で、しかも安く出来、ラインが絡むなどのトラブルも無い。
用意するものは、
ラジペン、0.6ミリのステンレスワイヤー、
瞬間接着剤やエポキシ接着剤。
釣具屋やホームセンターで売っているスピナーベイトが
作れるワイヤーを用意し2〜3センチぐらいの所をラジペンで
折り曲げる。
更に折り曲げ、Uの字状にし、それをペンチで綺麗に潰す。
折り曲げた先を今度は手カギのような形に折り返す。
長さをそろえたところで、カットし・・
ペンチでしっかりとはさみ、自分の好きなところへ「ブスリ」。
コツは全て一気に差し込むのではなく、少し差し込み接着剤を付けてから差し込むと更に強力に接着出来る。
写真のとおり、ジグヘッドなども一瞬で引っ掛けられるし、オフセットフックなどではワームに針先を埋めたセッティングのまま、フックベンドを引っ掛ければいざと言うとき、さっと外し、さっとキャスト出来、結果としてリズムの良い釣りをサポートしてくれる。
私も始めはラインなどが引っかかり「トラブルの対象かな」と思って1本だけ試しに使って見たのだが、かなりの便利さに全てのスピニングロッドに装着してしまった。
とにかく便利なのでお勧めなのだが、コルクには当然ながら穴が開くのでそれが気になる人は別として、使い勝手優先の人は是非作って見て頂戴。
それでは亀山に向かって出発します。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ