IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
真のフージンスパイダー初披露!

ここのところメッチャパソコンの調子が悪く、ひどいときは電源も入らなく、昔のテレビ?のように斜め45度の角度でしばくと急に動き出したりと真剣に買い替えを検討していたのだが、パソコンが危険を察知したのか、知り合いに昨日見てもらったところ急に普通に動き出した。
???の原因不明であるが何となく治ってしまった、まるで渡辺のようなパソコンである。
冗談はさておき、この時期本当ならもう少し日中は「暑いなー」と感じるぐらいの暖かい日が続いてくれても良さそうなのだが、雨が多く光量が少ない日が多いのも手伝って、いまいち水温の上昇が望めない日が続いているようである。
聞くところによると、現在でも琵琶湖では低いときで朝に水温が9度台まで落ちる事があるらしいので驚いている。
1戦目の旭川ダムでも例年なら結構釣れる時期であったのであろうが、昨年の冬にドカ雪が降った異常気象がここまで響いているようで、一気に水量も増加し、多くのバスたちは産卵行動に備えるため、リミットエリアの遥か上流まで旅に出て行ったのであろう、非常に厳しい結果となった。
昨年のトップ50シリーズは異常気象などのアクシデントなどにより、中止や変更など激動のシリーズだったが、今年もどうやらそれに近いスタートになった。
そんな中、なんとか1本のバスを釣る事に成功したので、今年もなんとか後続グループの最後辺りに喰らいついている感じである。

さて、やっとこ昨年のトーナメントシーンで大活躍させてくれた立役者でもあるフージンスパイダーがサンプル上で納得出来る物となり、今回、フロムザガレージで初披露ということになった。
先に発売されたコンセプトブックでは変なクモ?がトレイラーになっていたが、あれはシャレ?で調子に乗って作ったサンプルであって、今回のこれが本当の姿である。

見ての通り、まんま虫で、実際に水面に浮かべて見ると更に虫っぽい、
ロッドでアクションを加え波紋を出すとめちゃくちゃ釣れそーです。

とにかく野池のスレ見えバスには「大好物」のようで、ノーシンカーワームやスモラバなどにも無関心な奴らが激反応を見せてくれる。
そして、何の疑いも無く丸呑みにしてくれる。

もちろん、ロッドはスパイダーがベストマッチで動かしやすいが、ラージマウスならスカイマスターなんかでも驚きの飛距離が出せるし、充分使ってもらえるはずである。

結構遠回りしてしまったが、今回は新素材などを採用しているように素材探し(環境に影響が無い物)に結構苦労したが、これで全てが万全になったので、やっとこ生産を開始した所であります。
実はこのスパイダーまだまだ明らかにされていない秘密が数点あり、順を追って使い方や活用術なども公開して行こうと思っている。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ