IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
HU-200のテスト

久々に、ヒデオとHU-200のテストをするために琵琶湖へと出撃した。
工場内のテストプールではかなりよさげな感じに仕上がっていたので、フィールドテストに繰り出したのだが、風や湖流などの影響を受ける実際のフィールドで使って見ないことには判断はできないので、これからの実釣テストの積み重ねが、自信を持った製品を作り上げるうえで最も重要な部分になる。

とにかく、その使い心地などは初回のモデルとしてはかなりよいものであったようで、結構ゴールは近いように思えるが、これはまあ、HU-300が完成品としてあり、そのショートリップモデルなので作るのも楽である。
しかしこれからの観点としては、リップが短くなった分の浮力を動きに影響の無い部分でどうするか?など、細かい部分での調整も必要であろう。
それにしても、飛距離には驚くものがある。特にスカイスクレーパーでキャストすると、驚くほどの距離が出るのでビックリ。

HU-300の金型完成もほぼそこまできているので、HU-300 が生産にかかれば200の方も早く煮詰め金型を作りにかかりたいと考えている。
これのほかに、マグナムバズビルもウエイト設定を変えたものを今回のテストに持ち込み、かなり引いて見た。残念ながら今回は何事も起こらなかったが、ビッグベイトとしてはかなり自信を持ってリリース出来る代物になってきたな〜と思える。
まあ、せっかくの琵琶湖なのでバスを釣りたいなと思い釣ってみたのだが、スポーンが絡んだバスは警戒心が強く、やはりライトリグに部があり、すぐに答えが返ってきた。

琵琶湖だけに限らず、スカイマスターLVはほんとに何処でも重宝するロッドであるが、こんなぶりぶりの50オーバーをかけても楽勝でやり取りできるバットのスピニングは本当にありがたい。

ただし、琵琶湖では5ポンドラインは最低必要であるのは言うまでも無いが、こんなバスがあっさりと釣れる琵琶湖は本当に凄い湖である。


HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ