IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
バズビルマグナム量産品公開

このところ、近づいてきたトーナメントの用意や仕事などでてんてこ舞い、特に試合が近づくと、最後の悪あがき?のように思いつく限りの秘密兵器などを考案し、作り出すものだからいくら時間があっても足りない。
また、そのどれもこれもが想像上のシュミレーションでは釣れる確立が高く、外すことも出来ないのだ。
まあ、秘密兵器?と言うだけあって試合が終わるまでは公開できないが、試合が終われば公開しようかなと考えている。
こんな書き方をしたら、何か大それたもののように思われるが、あくまで「チューニング」の域なのであしからず。
とにかく、次に試合が行われる広島の土師ダムにはプリプラに行っては来たものの、今年の天候不順はこの地でも同様にスポーニングを遅らせていて、この時まさにスポーン真っ盛りであり、ネストがありそうな浅場を攻めればすぐに釣れるが、それ以外は全く何も当たらない。
2週間もすればこの状態のバスは居なくなるのが普通なので、そのままやっても何の足しにもならないプリプラであった。
なので、何も決める事が出来ず、「あれもこれも」考えられる物は必要になってしまうのである。
そんなプリプラをしている間にバズビルマグナムの金型にウロコ模様も入り「完全体」になっていた。

ウロコ模様が入り、美しさが増した完成品
もうこれは、発売される量産タイプであり、すでに生産も始めているのであるが、かなり美しい出来具合に、自分でもかなり満足しているのだが、美しいだけではなく釣果の方もかなり来てます。
一応、イマカツスタッフの中でも「ビッグベイト担当」であるビニールハウスの暴れん坊にはサンプルを早いうちに送り、意見なんかを聞いていたのだが、最近やっとこトマトの栽培にめどがついたのか、顕著に釣りに行っているようで、とにかく何も言う事の無い出来上がりのようである。

ジョイントヘッド部とテイル部
ジョイントテイル部
機構としては、シングルヒートンを使ったセンターロック方式をフナジー同様に採用しているが、この方式は、どのスピードレンジでリトリーブしても」追従性がよく、またシングルヒートンのためこのサイズのルアーではジョイント部を軽量化出来るので採用される事が多い。

ジョイントはコフナジーで採用されている、
シングルセンターロック方式
そして、ウッド製では実現不可能であるスケルトンモデルがラインナップされるのもうれしい。

インサートプレートモデルはこんな感じ
このインサートプレートモデルは数々のルアーでも実績が高く、この手のビッグベイトでも効果的であるのは間違いないだろう。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ