IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
最終戦はダイナゴンで勝負か・・?

今年のトップ50最後の決戦となる遠賀川戦に向けて、現在最終戦を残しランキングトップということで、こんなチャンスはめったに無いと思い、異例の長期プリプラを敢行してきた。

最後の決戦、遠賀川に向けてプリプラクティスに出発
とにかく、昨年と違って2位との差がわずか1点しかなく無いに等しい点差である(トホホ)。
ただ、今年の自分の成績を見ていると、とてもじゃないが褒められる試合は一戦も無く、強いて言うと上手くいったのは野尻湖での試合だけであった。
なので、逆に言うとこんな状況でトップに立てたのはチャンス?とばかりに出来ることは悔いの無いようにやっておこうと思ったのだ。
と、いうことで7日間の長期プリプラに突入したのだが、桧原湖の湯流里さんや野尻湖のレイクハウスさんのようにボートを宿に乗りつけ電源を引かしてもらい、バッテリーを運ぶ事無く充電させてもらえる宿では体力的に問題も無いが、今回はプリンスホテルなので、一回一回バッテリーを運ばなくてはならない。
こんなんで体力が持つのだろうか?と言う心配を掲げながらプリプラに突入。

遠賀川下流域では戦闘機がひっきりなしに飛んでいて、
タッチダウンアンドゴー?の練習をしている。
今回のプラで長期に期間を取ったのは ハミンバードのサイドイメージをかける時間をとる為であり、遠賀川は久しく行ってなかったが、水中のストラクチャーの数は半端ではなく、それを普通の魚探で探し釣れるかどうかを試していたら・・・考えただけで気が遠くなってしまう。
しかし、実際にサイドイメージをかけて見ると、驚き桃の木山椒の木って感じで(古い)、あるわあるわ・・恐るべきほどのストラクチャー・・と思っていたのだが、そこそこあるものの思っていたよりは少なかった。
しかし、今回は長期なので時間だけはある。サイドイメージの設定をあれこれ変えていくと、無かったところにもすんごい映像が現れだした。
しかし、今度は期待していたようには釣れない、「あれ〜?」と首をかしげるだけであった。
それでも、時間をかけてやっていると、ドンドンとバスと自分がリンクする時間が多くなってきて、段々とバスをコンスタントに釣る事が出来るようになってきた。
もう今では、場所だけなら遠賀川マスターの地元選手に肉薄するぐらいの把握度であると思うぐらい、じっくりと時間をかけて調べ上げることが出来たので、やり遂げた充実感が今はある。

上手くはまれば(タイミング)こんなブリブリのバスが
複数釣れる貴重なフィールドだ。
現在はこの時に調べたデーターを元に、地図などを作ったりしながら、いろんな「兵器」に工夫を凝らしたり、タックルの整理をして来る試合に全力で立ち向かおうと考えている。
それにしても遠賀川、大納言のあるリグ は恐るべき破壊力を持っていた。
本当は、大納言は試合まで秘密にしておこうと思っており、今回のこのページの更新はどう書こうと悩んでいたのだが、社長のコーナーでいきなり暴露されていたので、ま、いっかと書くことにした。

遠賀川プリプラでの最大のバス
今回は、現在発売されている4インチのことで4.5インチは後もう少しお待ちあれということで、自分の場合は バックスライドさせてストラクチャーに侵入させる場合は、ノガレスフッキングマスターのモンスタークラスの5/0を使う。このフックの重量が劇的に効くので試してもらいたい。
それでも沈下速度が物足らんという人の場合、例の位置にネイルシンカーを入れて対処して欲しい。(1/64〜1/32)
「え〜そんなデカイ針、フッキングしなさそうやん」と心配な方もいるだろうが、ちなみにエアドライバーやコブラで充分にフッキング出来るのでご心配なく。ジャバロン140なんかの場合も私はこのロッドでやっております。
こんな感じで試合が終わるまで詳しく書けないこともあるが、とにかくがんばってきます。
今の感じならいい感触なのでこのままでいってもらいたいな〜と思っているのであった。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ