IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
ジャバロンハード

とうとうと言うか、ついにジャバロンハードが発売になった。
今回の出荷は2色で、ゴースト系のアユと、インサートプレートがまぶしいフラッシュハスと、人気色2種のリリースとなった。
とにかく、ワーム素材のジャバロンの威力を知っている方は多々おられるので、泳ぎについての説明は要らないと思うが、ワーム以上に艶めかしいその泳ぎに、初めて見た人は全て「ほんとにプラグですか?」と言ってしまうぐらい、ワーム以上に、イヤ、本物の魚以上に艶めかしい泳ぎなので、ぱっと見たときはドキっとしてしまう。

今回の初出荷は、ゴースト系のアユ、
そしてフラッシュプレート内臓のフラッシュハス

ほんとにやばいとしか表現できない代物なのだが、ここに来て水温も上がり、フィールドでは爆発し始めている。
中でもイマカツスタッフの暴れん坊は流石にビッグベイト担当だけあって、いきなり2連チャンで50オーバーのバスをあの関東で仕留めてしまった。
まあ、ビッグベイトといってもいえないことはないぐらいの大きさなので、特別なロッドは特に必要としない、スタリオンやガンスリなどのジグロッドがあれば難なく普通に使えてしまう重量と大きさだ。
ちなみに私は昨年末に行われたエリート5のプラクティスで、2本のグッドサイズをジャバハードで仕留めているが、(アングラーに載っています)このときはエアドライバーでジャバハードを使っていた。

まあ、「ビッグベイトで釣ってやる」などと気負うことなく、気軽にここぞという良いポイントだけ狙って釣るローテーションに加えるだけで、かなりの効果をもたらしてくれるはずだと思うが、芦ノ湖のようなワーム禁止のフィールドではかなり有望なルアーではないだろうか?と思うので、このようなルールの所ではワームのように使うのもありだと考える。
設定としてはスローシンキングになっているので、カウントダウンなどを用いて任意の層を引いてきてもらいたいのだが、それには「ハイドロフォイルスポイラー」が一役かってくれ、この手のルアーに多い、リトリーブ時の浮き上がりを抑えてくれるので非常に使いやすい。
また、スローシンキングなのだが、フォール時にもボディをくねらせながら沈んで行くのでフォール時のバイトも多く注意が必要である。
ちなみに暴れん坊の釣った50アップは、キャストしたジャバハードがオーバーハングの下にくねりながら流されて入った時にバイトしてきたと言っていた。
本当に流れの有る所では流れに乗せるだけで生き物のようなくねりを発生するので、プラグでありながらワームのような使い方も出来るのが大きな特徴である。
また、ワームのジャバロンの苦手なトゥイッチなども簡単に行うことが出来、そのときに発生するフラッシングとサウンドはバスを強く引き付けてくれるのだ。
まあ一度実際に手にして使ってもらいたい。あの激スレフィールドでバスの反応を存分に楽しんでもらえるはずである。




背中には大きめのジャバハードのネーム、
これが水中でも視認性が良く操作するのに一役
かってくれ、泳がせている水深もわかりやすい。

万が一、テイルが破損しても、
スペアテイルも装備している。


HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ