IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
IK−50CとRの使い分け

とうとう本格的な春がやってきたって感じです。
こうなってくると日増しに水温も上がり、特に日の当たりやすいシャローエリアでは、一気に水温が上昇するので、1日の内でも何回か注意深く水温が上がるのに敏感になっている必要がある。

水温が上昇傾向にあるならば、アクティブなバスがシャローにさして来ていると考えたほうが良い。こんなときに簡単に素早くシャローをチェック出来るのがシャロークランクなのだ。
数あるIKクランクシリーズの中でも浅い水深を探るのに適したシリーズといえばIK−50なのだが、IK−50にはもあればもあり、「どのように使い分ければいいのだろう?」と迷われる方もいるはずだ。

春には絶大な威力を発揮するクレイフイッシュカラー2種の
50R、C
C、R共に甲乙つけがたい程よく出来たクランクなのであるが、Cはアメリカではコフィンと呼ばれている棺おけ型?リップで、Rはラウンドつまり丸型のリップを持っている。
この二つはなにが違うのだろう、アクションとしては同一のボディを持つのでそれほど大きく違わない、実はリップの形で同一ボディでもその特徴が変わるのだ。

こちらがコフィンリップ
コフィンリップは、リップの先が水平になっており、そのリップの先が捕らえた障害物を逃がさないためヒラを打ったりすることなく前転するように障害物をかわしていく、この機能は込み入ったレイダウンなどのウッドカバーには必要で、上下左右に枝が張り巡らされたこのような障害物でヒラを打とうものならむき出しになったフックがランダムに張り出している枝にフッキングしてしまいポイントが潰れたりルアーをロストしてしまう。
その点コフィンリップなら、不必要なヒラを打つことなくリップをガードとしてフックを障害物から常にカバーしてくれる、もちろん重心移動ではなく固定ウエイトを採用しているのも復元力が高いからという理由だ。
こんな理由からコフィンはウッド系のカバーに向いているといわれている。

こちらはラウンドリップモデル
そして、ラウンドリップのほうなのだが、こちらはリップラップと呼ばれる石積みでその効果を発揮してくれるのだが、コフィンでは障害物を乗り越えて行く特徴があり、この場合スタックする事があり、その時は浮力を使って脱出しなくてはならないが、ラウンドリップの場合、岩などのストラクチャーにヒットした時に角が全くないためリップがすべり姿勢を崩しやすいので、岩などの隙間に噛み込みにくく、リズミカルにリトリーブすることが出来るので、ラウンドリップのほうが向いているといえる。
また、ヒラも打ちやすいのでオープンなエリアである石積みではラウンドリップを選んで使うことをオススメする。
そしてもう一つ、大きな?違いがあるといえば、このCとR、同じ50の表示がされているが、実際には50Cの方が若干潜るのである。
50Rに比べると約10センチ程なのだが、この10センチの違いは大きく、私の場合見るからに浅い葦などの手前ポイント(リーズフロント)では50Rから使い始め、思ったよりも深い場合は少し潜る50Cにチェンジし、たまにボトムにある障害物にタッチさせるようにしている。
この2つのルアーを正しく理解し使い分けることで、結構、微調整が効き、かなり快適にシャロー攻略が出来るようになるのでお試しください。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ