IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
アベヤンマ

もう完全に春という雰囲気が漂いだした今日この頃であるが、この陽気に誘われてか、家の庭でも甲虫類を始めとする様々な虫が戯れだしてきた。
こうなってくると、山系の野池や川、自然の多いリザーバーなどでは余程高冷地でない限り、結構虫を見るはずである。
バスのほうの状態も、プリ、ポスト、アフターと混在しており、この中でもアフターもやや回復組みが少量存在すると思われるので、よく岸沿いを目を凝らして見ていると、ウロウロとエサを探してうろついているアフターバスを発見する事が出来る。
このようなバスを発見出来れば、あとはもう、虫系ルアーを投げてみたい、もちろんオーバーハングが多くあるような所では虫パターンはかなりの効果を発揮するのは言うまでもない。
そんな時期にタイムリーに登場するのがイマカツ虫軍団の中でも存在感が大きい「アベヤンマ」なのである。
これで、とうとうアベヤンマ、フージンスパイダー、ベビースパイダーがそろい踏みしたことになる。

ついに発売アベヤンマ
今回はアベヤンマについて触れてみよう。
まあ、このルアーはアベちゃんが開発したので、この虫軍団の中でも最もアグレッシブな仕上がりとなっている。
とにかく全てが攻撃的で、強烈な水押しを可能にするラバースペントウイングに付け加えリバースアームも搭載され、生き物感もアップしている。
このアームは非常に優れもので、軽量なルアーがラインのたるみや風などでもこちら側に無用に寄ってくるのを避けるとともに、プルプルと震え、人間のつけるアクションでは絶対に出すことが出来ない細かな波紋を作り出すことも出来る。
これが作り出したその波紋に各部のレッグがこれまた意思を持ったかのように動くので、スレバスもいちころなのである。
ガードはダブルで比較的ソフトなものをセットしているが、これはテムジンスパイダーなどでの使用を考慮しているからであるが、トーナメントのウエポンとしてはやはりフッキング力が重視されるのである。

まさに水面に落ちた虫(スズメバチ)である。
しかし、アベヤンマはアベちゃん自信がパワーフィネスの生みの親でもあり、かなりのカバーの中でも使えるようにと、フージンに対してかなりフックは浮力が許す限り太軸を使っているので、強引なランディングも可能となっているのがフージンとの大きな違いであろう。
このようにかなりのカバーを攻める場合は、ブラシガードも簡単に抜けるので、手持ちの強いガードに差し換えて頂くチューンも可能であるので、ガード強やガード弱などのパターンを数個用意しておくと非常に便利である。
使用タックルとしては、オープンエリアではテムジンスパイダーにPEライン、カバーエリアやウイードエリア、大型バスが多い所ではフィランギにPE1〜1.5号を状況に応じて使い分けるのが良い。
是非手に入れて全てが見える興奮を味わってもらいたい。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ