IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
ポストの釣り方

ゴールデンウィークも終わり、バスの状態はポストからアフタースポーンへと変わって行くが、ポストのバスが回復し、エサを求めて回遊しだすとアフタースポーンのパターンへと移行していく。
現在では非常に釣りにくいイメージのあるポストスポーン状態のバスも多く、こいつらを釣るにはかなり長めのポーズやボディをかすかに動かすぐらいのシェイクなどで誘うのが有効と思われる。

一般的には難しいポストのバスなのだが、玄人の間ではなかなか口を使ってはくれないが、確実に「ここにいる」と絞り込む事が出来るので、時間はかかるが安定した釣果を得ることが出来るので意外に「好きなパターン」と思っている人もいるだろう。

とにかく簡単に言うと、あまりウロチョロしないので、ねらい目としてはズバリ縦系のストラクチャーを好む傾向が強いので、杭やウイードの塊などしっかりしたシェードを形成しているストラクチャーを狙うと良い結果が出るだろう。

タフコンディションになればなるほどその圧倒的威力を
発揮するモジャオブラザーズ
昨年もそうであったのだが、この時期の「ヘアリーホッグへビダンテキサスは、このようなバスには驚異的な威力を発揮してくれた。
とにかく、動かさなくても良くうごめくモジャオの多毛はナーバスなバスをとりこにするようで、こいつをストラクチャーに打ち込み、ここがキモなのだが、ルアーを打ち込んだ場所から出来るだけ移動させないように、シェイクし、イメージとしてはそのストラクチャーの周りにいるバスに気付かせるようになが〜いシェイクを与える。
もう一つ気を付ける点としては、縦のストラクチャーの場合、バスがサスペンドすることが考えられるので、浮いている時はへビダン、ボトムならテキサスと使い分けると良いと思う。
しつこいようだが、ロングポーズにロングシェイク、そこにいるバスを食わすまで誘うと考え、落ち着いて丁寧に釣ることで、意外に苦手を克服出来るかもしれないので、是非とも「釣れない」と感じたら、思い出して試して頂きたい。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ