IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
ダイナゴン

各地ではスポーニングも終盤と言ったところだろうか?多くのフィールドでは、ぼちぼちアフタースポーン回復組みも多くなってきているだろう。
アフターのバスが多くなると、回遊性が強くなり、あまり定まったスポットに長く留意する事は少なく、入れ替わり立ち代り回遊してきたバスが一時的に潜む事が多い。
なので、あまり特定のストラクチャーにこだわりすぎると失敗する事も多いので、バスを探しながら釣ると、群れに当たったりするので、その場合は連チャンも楽しめる。
この時期のリザーバーなどでは、注意深く岸沿いを観察していると、2〜3匹の群れで驚くほど浅い水深をウロウロしているバスを見つける事が出来る。
この回遊バス達は、必ずといってよいほど、オーバーハングや何らかの影を伝うように移動している。
移動中はルアーを投げると「ビュー」と逃げるのだが、このようなバスでも、ストラクチャーに入ると「隠れられた」という安心感からかストラクチャーに侵入してくる者に対してはあっさりと口を使ってくれることが多い。
このような状態のバスに口を使わせるのにピッタリはまるのがダイナゴンなのである。
ダイナゴンの頭部からオフセットフックを刺すセット方は、着水した地点からアングラーとは逆方向にバックスライドしてくれるので、ブッシュなどの手前に打ち込んでも、水中ではブッシュの奥へ奥へと侵入して行ってくれるのである。
これは本当に便利で、キャストも楽だし、上手くリフトアンドフォールさせることで、同じポイントを移動させずにネチネチと攻め続ける事が出来るので、周りにいるバスにも気付かせる事が出来る。
この場合のセット方は私の場合4インチダイナゴンにはノガレス「モンスター5/0」をチョイスしている。
このフックを使うことで、4インチダイナゴンの侵入距離は飛躍的にアップし、より奥へとダイナゴンを送り込む事が出来るのだ。
ただし、注意点としてはダイナゴンが着水してから奥へ入りだすとラインを引っ張って行くので、それに伴いロッドを倒してラインを送り込んであげる事でよりストラクチャーの奥へと入って行ってくれる。

ダイナゴン4インチと4.5インチ、
4インチにはノガレス「モンスタークラス5ゼロ」4.5インチには同「6ゼロ」サイズのフックを使用しています。
ちなみに使用タックルは私の場合、エアードライバーコブラを使うことが圧倒的に多い、ただ、64/1〜32/1の重さのネイルシンカーを入れた場合はフォールスピードが早くなるので、ガンスリンジャーやスタリオンでヘビーラインタックルで使ったりもするが、ネイルを入れる位置は写真を参考にしてもらいたい。

ネイルシンカーを差し込む場合はこの位置に入れると、
バックスライド性能を損なわないので挿入場所に注意。
そして、4.5インチダイナゴンであるが、こちらはノガレス「モンスター6/0」をセットすると4インチ同様、素晴らしい使用感が得られる。
こちらはノーシンカーでの使用が圧倒的に多く、使用ロッドもガンスリンジャーがオススメだ。
何故かこのダイナゴン、4、4.5インチ共にビッグフィッシュ率は非常に高く、昨年のこの時期のテストでもビッグフィッシュの連続であった。
そして、もう一つのダイナゴンの使い方として、ごく普通のテキサスセッティングがある。
この場合、私は4インチには「モンスター4/0フック」4.5インチには「モンスター5/0」フックを使っている。

ダイナゴンのテキサスセット例、
オープンエリアで非常に強いライトテキサススイミング。
4インチには4ゼロフック、4.5インチには5ゼロフックを使用(モンスタークラス)
ロックエリアでは素晴らしい釣果を叩き出してくれる。
ワーム自体がかなりバルキーなので、モンスタークラスのゲイブ幅(ふところ)がないとバスの口に刺さる刺さり幅がなくなりすっぽ抜けるので、必ずワイドゲイブのフックを使う事が重要である。
ここで話はそれるが、フックにはワームストッパーを使うことで、ワームがずれることなくカバーを攻めれる、根掛かりなどのトラブルも激減し、かなり快適に使い続ける事が出来、ノガレスの新ワームストッパーは旧ワームストッパーからかなりの改良が加えられ、驚くほどのストップ感を実現したのでこれも試して頂きたい。

さて、本題の使い方であるが、ダイナゴンは通常のワームに比べるとかなり重量があり、ノーシンカーでもかなりの飛距離が見込めるので、特に根掛かりの多いリップラップやテトラ帯、漁礁などでは0.9〜3.5グラムぐらいのかなり軽量なシンカーを使うことで、根掛かりなどのトラブルが激減し、ポイントをつぶすことなく、効率よくバスをつる事が出来る。
この時のキモは、ワームというイメージよりは、「クランクベイトをロッドワークで使う」と思ってもらうと判りやすいと思うが、アフターの回遊バスは浮き気味な事が多く、スイミングを主体に、時折岩などに「コツリ、コツリ」と当たるぐらいのロッドワークでズル引くと効果的である。
もちろん時折フォールなどを取り入れると、バスは慌てて追いかけバイトしてくる。
とにかく、根掛かりが少なく、良いリズムも作れるのではまれば凄いことになる釣り方なので、是非とも試して頂きたい。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ