IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
坊さんが屁をこいた殺法

5月も中旬を過ぎると、完全回復組みのアフタースポーンバスが多くなり、スポーニングで使った体力を回復させるべく、積極的にエサを食うようになる。
この頃と時を同じくして、渓流のフライフイッシングでは水生昆虫と呼ばれるメイフライやカディス、ストーンフライなどのハッチも日中は非常に少なくなり、これらのフライをハッチのない日中に一生懸命キャストし、上手く流れに乗せてもあまり芳しくない結果になる事が多い。
こんな時、フライの世界では明確にテレストリアルと総称される陸生昆虫のパターンへと当たり前のように移行される。
テレストリアルとは、アリ、蜘蛛、カナブンなどの甲虫類、イモムシなどなどで、通常非常によく目にする虫である。
これらの虫が釣りをしている途中で度々見るようになってきたら、虫パターンの到来である。
虫パターンイコールフージンスパイダーという図式は確立されてきたが、是非ともこの時期から楽しく良くつれるフージンスパイダーを試す機会を増やすことをオススメする。
     
先ずは、テレストリアルを自分のフィールドでどのような種類が多いのか?またそれは季節の進行でも変わったりするので一概には言えないが、そんな細かい事に気を配りながらマッチしたカラーなどを揃えておくと、ピッタリはまった時には、笑いが止まらないぐらいの楽しさを味わえるだろう。
その時食っているものに合わせると非常にシンプルな発想だが、バスの世界でも同様に「食っているもの」に合わせた動かし方や色などを考えてルアーを操作する事で、あっけないほどすれっからしの見えバスがつれてしまうのだ。
しかし、まだスモールマウス圏内の湖では気温や水温も低いと考えられるので、今回はラージマウス編として使い方を説明しよう。

スパイダーを使った釣りでも、多くのパターンが存在し、大きく分けると、見えバスを見ながらアプローチ、ルアーの動かし方やポーズのとり方を行う釣り方と、見えないバスを水面まで誘い出し、食わせる方法がある。
バスを見ながら行うサイトフイッシングの場合、先ず見えバスの行動をよく観察する事が非常に重要、必ず行動パターンというものがあり、移動しているバスでも、必ずここで何かが落ちてくるのを待ったり、カバーに身を隠したりなどの動きを見せるものだ。
行動を十分把握する事で、先にバスが寄るであろうストラクチャーなどが判ってくるので待ち伏せするため先にスパイダーをキャストしたりすることで、バスを脅えさせる事なく、バイトさせる事が出来る。
この釣りの場合、ご法度はバスに向けて直接キャストする事で、必ず離れた場所に投げ、脅えさせないように気付かせる事が重要である。
気が付いてくれない場合、死にかけの虫が最後に出すような波紋を連続して出すようにする。
これで気付かせることが出来れば、勝負はもらったようなもので、例えばここでUターンされても、また同様に波紋を出し続けることでバスがまた振り向き、「生き物」として認識する。
これはイメージとして「坊さんが屁をこいた」様な感じと言えば判りやすいだろう。
次回はスイミング編でお送りします。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ