IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
イマカツ新製品情報

6月に向けての新製品として、皆さん待望の「ジャバスティック4インチ」が発売される。
すでに先行発売されている、ジャバスティック3インチのあまりのツレツレ振りに、今さら何の説明も要らないところだろうが、4インチともなると自重も少し重くなり、ノーシンカーなどで使うときはキャスタビリティも幾分良いので、嬉しいところだ。
3インチに比べると若干バイト数が減ると思われるが、その分一回り良いサイズが釣れてくるので、試合ではリミットの3インチ、キッカー狙いの4インチといった使い分けが出来るのが最大の特徴だ。

待望の新発売ジャバスティック4インチ、
手前はタフコンディションの救世主となっているジャバスティック3インチ
ちなみに、昨年の桧原湖ではこの4インチがグッドサイズスモールマウスには激効きで、明らかに3インチに比べると釣れてくるサイズが良かった。
この時は、社長はキャロで私はネコリグでリグは違えど結構良いペースでグッドスモールを釣り上げられた。(社長は怒涛の入れ食いを演じていた)
もちろん、気難し屋のスモールマウスが非常に好むのだから、ラージなんかはイチコロでつれてしまう。

リグとしては本当にオールマイティで、スイミング良し、ステイ良し、シェイク良しの何でも来いである。
なので、各自色々なリグで挑戦してもらいたいが、テキサスやスプリット、キャロ、ダウンショット、ノーシンカーで使う場合はオフセットフックを使用されると思うので、私の場合の例を申し上げますと、強めのロッドでの使用の場合、ノガレスフッキングマスター「ヘビークラスのサイズ1」が非常にピッタリで、ブラッシュスティンガーなどでのパワーフィネスフィッシングではヘビークラスぐらいのフックのほうが、万一デカバスをカバーからリフトしなくてはならない場合でも安心して使う事が出来るのでオススメ。

判りにくいが、ウエの写真がフッキングマスターライトクラスのサイズ1をセットしたもの。
下が、ヘビークラスのサイズ1をセットしたものである、状況や使用タックルで各自最適なフックを選ぶことで、ミスがなくなりキャッチ率はグーンとアップするので試してください。
その逆に、ソフトなロッドにライトラインの場合は、フッキングを重視したライトワイヤーのフックは合わせ切れなどを防止してくれると共に、非常に小さなフッキング力でしっかりとバスの口に刺さりきってくれるので、スイープフッキングでもバレる心配が本当に少ないのが嬉しい。
この場合はフッキングマスターの「ライトクラス サイズ1」を多用している。
もちろん、今年から「モンスタークラス」もサイズ1が登場し、ベイトタックルでのヘビーダウンショットなどではかなり強引なやり取りがこのフックなら出来る。
とにかくフックに選択肢が増えるのは嬉しい事で、皆さんも思い思いのリグで楽しんで頂けたらと思います。
最後に、ジグヘッドなどでのレベルストロークやスモラバトレーラーのスイミングはほんまにやばいでっせ。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ