IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
霞ヶ浦





ここのところ、トップ50の霞ヶ浦戦のプリプラに行ったり、帰ってきてはすぐに四国に某雑誌の取材に日帰りで行ったり、会社で仕事をしたりと、超多忙でタイトな日々を過ごしている。
本当に仕事関係の皆さんには迷惑をかけておりますが、霞ヶ浦戦悔いのないように頑張ってきます。

さて、霞のプリプラの話ですが、一言で言えばやはり「超」が着くほど難しい。何が難しいのかといえば、「タイミングを合わせる」のが難しいのである。

ただ、晴れのパターンや風が吹いたときのパターンなども今回は用意しているので、後は霞ヶ浦本湖へと迎えるかどうか?荒れれば恐怖を感じるぐらいのいやらしい波の霞なので、この辺の運も今回は成績に反映すると思う。
と、言うことで「霞ヶ浦勝負」で押し通そうと考えている。

クランクベイトも霞ヶ浦でははずせないルアー、IK−250はマストアイテムだ
なのではまればブッチギリ、はずせばズタボロ、になりそうなのだが、使うメインルアーはダイナゴン4.5インチにこれがキモ中のキモなのだが、フッキングマスターモンスターの6ゼロサイズを使うことなのである。
パッケージにも表示されているこのフックを使用することで、恐るべきバックスライドが実現する。
もちろんサイズの大きいフックを使うのでフッキングも申し分なし、こいつで霞のプリプラはビッグバスを連発した。
もちろん、小場所ではダイナゴン4インチを使用、こちらも絶対にバックスライドで使う場合はモンスターの5ゼロを使ってもらいたい、そうすることで飛躍的にバックスライド幅が長く、より奥に入っていくのである。
ちなみに私のように気が短く、スローフォールにイライラする方は64分の1のネイルシンカーを指定の場所に打ち込んで頂くとより快適に釣りが出来る。
ちなみに今回はこのスピードの速いバックスライドにバスは「逃げる」と感じたのだろう、ここぞという所では激しくバイトしてきた。しかもサイズは平均で1.3キロほどだったので、今から出発する霞ヶ浦にワクワクしている。
それでは行ってきます。

ダイナゴンバックスライドセッティングで霞のビッグバス捕獲。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ