IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
カエルの川流れ

関西もようやく梅雨いりしたような報道がされるようになってきた。
梅雨入りしだすと、俄然元気になってくるのがカエルちゃんであるが、このカエル、虫に勝るとも劣らずバスの大好物なのである。
ちなみに個人的にはオタマジャクシはあまりバスに好まれていないと思っているが、これが不思議なことにカエルになれば最高のエサになってしまうのだから「何が違うんだろう」と思ってしまう。
雨で地面や木々の葉っぱなどが濡れると、カエルや虫達はうっかり滑りやすい事を忘れるかのように「つるっと」足を滑らせてしまったりすることがある。
特に雨が降っている最中はじっと雨が止むのを待っているかのように見受けるが、この雨が過ぎ去ると待っていたかのように動き出す。
虫が動き出すと、それにつれ、カエルも虫を狙って動き出すのだ。
もちろん、バスにとっては「カエルだ」とか「虫だ」とかそんな決めはなく、安全に簡単に捕食できるエサという認識であろう。
ただ、虫の場合は水面に落ちてしまえば逃げることはないので、更に簡単に食えるえさとなるが、カエルの場合は器用に水面を泳ぎ、逃げていってしまう。
なので、虫の泳ぎは、あまり進める事無く、2〜3センチスパイダーを泳がせ、ポーズを長めに取り、バスがスパイダーの周りに現れるのをよく観察しながら、現れないようなら、またもや同じようにスイミングさせ、ポーズを繰り返す。
万が一、バスが現れれば、そこでスイミングは中止し、ポーズを取って焦らすとたまらずバスが食ってくる。
ここで大きな動きを与えてしまうと、見切られることが多々あるので、良く観察されるようなら、極微な足だけかろうじて動かせられるようなシェイクを入れよう。
くれぐれも言うが、ラインを鳴かすような急な動作はご法度である。
そしてバスがスパイダーを食うときは、きわめて静かな動作でゆっくりと口を開け食うはずで、この時慌ててこの時点で合わしてしまうと乗らないことが圧倒的に多いので注意する事。
フッキングはバスがスパイダーをくわえ、反転した瞬間に、フッキングする事が重要である。
ちなみに、フライフィッシングの場合、山女やアマゴはフライに対してかなり俊敏に出てくるので、即合わせで乗せるテクニックが重要だが、岩魚の場合はこのバスのようにゆっくりと出てきてアングリとフライをくわえることが多く、この岩魚の場合は合わせも一呼吸おいて合わせないと乗らないことが多いのである。
何かスモールとラージのフッキングによく似ているな〜と思ってしまう。

そして、私的にも最も試して頂きたいテクニックに「カエルの川流れ」という必殺技があり、昨年のルアーマガジンDVDでも紹介されていて、小さな水路で信じられないビッグバスを仕留めている。
トップ50のチャンピオンを決めた時の亀山ダム戦でもこのテクニックが日をふいたのである。

このテクはポジションの取り方が「命」であり、又、流れがある程度あるほうが圧倒的効果を発揮する。
流れが当たるバンクに上流からアベヤンマやスパイダーブラザーズをキャストし、ポイントにダイレクトにキャストするのではなく、流れを横切らせたり、又は上流から流れてきたように狙っているポイントに入れていく。
こうすることで、非常にナチュラルなアプローチが出来、スレバスに違和感を持たせないようにすることが出来るのだ。
そして、ここぞというところで、強制的に上流に向かってカエルが平泳ぎで泳いでいるのをイメージしたスイミングでバスの潜んでいそうなポイントの上を通過させる。
そして流れに乗せ流して行く、これを一定のリズムで数回繰り返すと、バスがいればかなりの高確率で出てきて食うはずだ。
流しているときは動かさないようにし、カエルが力尽きて流されているようなイメージで行って欲しい。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ