IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
簡単手作りでジグヘッドをシフトする





今年の試合から、鉛製のジグヘッドが使えなくなり、市販のタングステン樹脂製のジグヘッドを買ってきたが、この辺の商品はまだまだ熟成しておらず、どうしてもガードが必要なシチュエーションで使えるものが無く、作ったものである。
非常に簡単に作ることが出来、またその効果も高いので、ここに紹介しよう。
 
まず、揃えるものは、
ジグヘッド(今回はケイテック製品)、瞬間接着剤スレッドブラシガードペンチバイス である 。
タングステン樹脂の場合、ヘッドに穴を開けてガードを差し込むのはちょっとしんどいので、やめにし、ジグヘッドのカラーにあたる部分をペンチでつぶす。
樹脂なのでごく簡単につぶれるはずなので、
潰した部分にスレッドで(フライ用スレッドの8を使用)
下巻きをしておく。
次にブラシガードを2本並べ均一に曲げる。
フックに巻きつける部分はジグヘッドのカラーになるので
自分が好きなだけ曲げると良いだろう。
このブラシガード、今回はDO−ITのエクストラヘビーを
使用している。
フックにブラシガードを2本並べてスレッドで巻いていく。このとき手でブラシを上手く動かし、
V字になるように調整する。
そのままだとブラシがヘッド方向に立ってしまうので、
ブラシを後方に手で固定し、
ヘッドとブラシの間にスレッドを巻きつけ、フックをガードできる角度にしておく。
スレッドをフィニッシュし、カット後、
セカンドバイト(今回はSサイズ)を差込、
スレッドもろとも瞬間接着剤で固定する。
任意の長さにブラシをカットし、これでカバーに強く、ワームがずれにくいジグヘッドの完成である。

できあがり!
このジグヘッドを旧吉野川で使ってみたが、テトラやリップラップを恐れず攻め込むことが出来た。
フッキングもかなり良いので一度お試しあれ。
※ちなみに、ラバーを巻けば スモールガードラバージグ にもなる。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ