IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
インチモジャオ


左からモジャオ4インチ、3インチ、インチモジャオ



ここ最近、よく耳にするのが「今年は何処も思ったように釣れない」という言葉で、まあ、それにはターンオーバーに入り水質が悪く、しかも気温も10月とは思えないぐらい昼は暑い日もあるので、赤潮なんかも出やすい事に原因があるようだ。
この様に水質の悪化でバスが釣れないなら、ちょっとでも良い水があるポイントを探し撃っていくしかないのだが、ちょっとした変化に気を配ると良い結果を生む事が多い。
例えば、チョットした支流やワンドなるべく悪い水が入り込んで来るのを防いでくれる防波堤のようなものがある所が良いだろう。
霞ヶ浦で、蛇籠と呼ばれる防波堤のようなものの中がバスが良く釣れるらしいが、コレには悪い水が入りこんで来るのを防ぐからであろう。
ちなみにこの中はJBのルールでは釣りが出来ないので、プレッシャーも少ないという要因も存在するからであろう。

さて、こんな釣りにくい状況になると、俄然力を発揮してくれるのが、シシィベイトと呼ばれる小さなワームであるが、イマカツの発売を予定しているものの中でも発売される時期が最も早くなりそうなのが、今回紹介するインチモジャオ?である。
もうすでに、3インチと4インチは発売されてからかなり時間が経つが、激釣れワームとして、今や知らない人はいないだろう。
どんな状況下でもバスにとっては強烈に効くのだが、特に他のワームでは釣りにくいタフ時にはモジャオに勝てるワームはそう無いだろう。

インチヘアリーホッグが正式名称。
でも何故か皆愛称のモジャオと呼ぶ。
とにかく、ポーズを取らなくては釣れないタフな時にモジャオが釣れる理由は、止めていても四方八方から生えているモジャオの毛が止まることなく湖流や波などで蠢き続けているからなのだ。
ただでさえ釣れるモジャオに一口サイズのインチモジャオが加わると考えただけで、スレまくりのフィールドでも大活躍してくれるのは間違いないだろう。

インチジグヘッドの#4がベストマッチです。
カサゴやメバルにも良さそ〜
もうすでに旧吉野川でのJBIIでは発売前にナベが使ってブッチギリのウイニングルアーにもなっているのだ。
この時はモンスターモスキートを使ったライトテキサスであったが、ジグヘッドダウンショットなどもオススメである。
ちなみに、ノガレスのインチジグヘッドのフックサイズ4番あたりが非常にベストマッチである。

インチジグヘッドでござります
カラーがあって刺しにくいな〜というときは、ペンチで強くつまんで潰す事によって、カラーを簡単に現場でも取り去ることが出来るのが樹脂タングステンの優れた?ところでもある。
もちろんこのジグヘッドはFマーク標準装備なので、エコの試合でも使ってもらえる。

ペンチで強くつまめば、簡単にカラーを取り去ることが出来るのが嬉しい。
カラー取り去り後
このインチジグヘッドには5番というもう一つ小さなサイズもあるのだが、バスには使えないだろうと思う方も多いだろうが、こいつのシークレットな使い方を知ってしまうと・・・
おっとと、これ以上は今は言えない、がとんでもない使い方があり、全ての試合が終わったら全てを明かそうと考えている。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ