IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
リップライザー130

長らくお待たせいたしました。
とうとう、今年に爆発的釣果をもたらせたリップライザー110の兄貴分であるリップライザー130がリリースされました。
初回出荷のカラーは、人気の、ハイビズアルミナアユアルミナハスのフラッシングが強烈なカラーと、ハスッコフラッシュアユのインサートフラッシュプレートを採用した計4色となっております。

どれをとっても美しい、爆釣カラーが初回の出荷になる。
このリップライザー130は実はメキシコで大活躍したモデルで、強力な集魚力を誇っている。
黒帯ビデオで渡辺が爆釣していたのもこのモデルである。
なので、ビッグフィッシュが数多く生息しているフィールドでは、110にも勝る釣果を誇っているのだ。
ただ、この130は「輸出仕様」とパッケージにも歌われている通り、いつでも在庫が有るものでもなく、今回限定になる可能性が高いので、是非とも手に入れておいてもらいたいモデルである。

このステッカーがリップライザー130の目印だ。
110との大きな違いは、よく見るとパッケージ内に小さなプロップがナイロン袋に包まれ貼り付けられている。
このプロップをテイルのヒートンにセット出来るのだが、チューニングとしては、左右にちょっとひねると、リッピングさせて水中にダイブした時に「シュバッ」というサウンドと共に、泡やスプラッシュを伴い、プレデターに襲われたベイトを演出する事が出来る。

このように、左右にプロップをひねると・・・
しかも、プロップをひねった事によって、リップライザーが水面へと浮上する時に、プロップがあたかも意志を持って動いているかのように、ライブリーに回転しながら浮上してくれる。
これは本当にスレきったバスにも効きまっせ〜
ちなみにリップライザー110にはプロップチューンは向いていないのであしからず。
おっとっと、忘れていたがプロップを装着する時は、少しルーズにする事をお忘れなく。

プロップを装着する場合は、プロップが回りやすいように少しルーズにするのがキモなのだ。
イマカツスタッフの中にはこの130に接着鉛版を貼り付け、サスペンドチューンを施し既に結果を出している人もいるので、各自思い思いのチューンを楽しんで頂きたい。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ