IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
ジャバスティック収納法

ここの所、メバル釣りにチョコッとはまっている。
手軽なタックルを持って、チョチョイと行けるのが魅力であり、最も有難い所ではあるが、極小リグを使うため、最近では近くが見にくい事もあり、その部分だけは、もどかしさを感じている。
しかし、工夫次第では、このもどかしさを、かなり軽減できる事が分かり、これを軽減出来れば、「楽しさ数倍アップ」と言う事になる。
特に、極小ワームに軽量なジグヘッドスタイルが基本的なこの釣りでは、かなり細部にこだわった方が、釣果が必ずアップする。
なので、ワームにジグヘッドを挿す時は、限りなくまっすぐ、曲がらないようにジグヘッドをセットする必要がある。
暗闇の中で、ヘッドライトの明かりを頼りにジグヘッドをワームに挿すのは、まっすぐ挿すことが至難の技であることは容易に考えが付く、なので、出来るだけ、家であらかじめワームにジグヘッドをセットしておけば、根掛かりでロストしても、速攻で結びかえる事が出来、精神的にも優位に立つ事が出来る。
このゆとりが、釣果に結びつく所なのだ。
このジグヘッドにワームをセットする時に、ついでにジグヘッドとワームを瞬間接着剤で接着しておけば、数匹連チャンでヒットする、「じあい」時にも手返しよく攻める事が出来、1日でも滅多に訪れる事が無いチャンスをモノに出来ると出来ないではかなりの差が出るのだ。
しかし、ワームにジグヘッドなどをセットしてしまうと、ジャバスティックなどのように型が付きにくいように専用の収納パッケージに入れられた物は、パッケージに戻す事が出来ず、「いざ使おう」と言う時に、変なクセがついてしまう事が考えられる。
そこで考えた、「何か良い方法は無いかな〜」と、するとひらめいたのがこの方法。

毎度お世話になってますヒップボックスです
結構使いやすさで気に入っていた「フィネスさん」のヒップボックス、これにはいつも使わない付属品(スンマセン)のスポンジのバーに両面テープが貼られた物が付いていて、こいつをカッターで等間隔に、切り離さないように注意しながら、切り込みを入れていく。

付属品にカッターで切り込みを入れていく
切込みを入れるとこんな感じ、切り離さないよう注意が必要
切込みが入れば写真のようにヒップボックスの内部に貼り付ければ完成、恐ろしく簡単。

そして、あらかじめ接着しておいた、ジグヘッドワームのコンボのフック部分をカッターで切り込みを入れた所に、差し込むと、ピタリと収納できるのだ。
そして、左右面にびっちりとセット出来れば、ワームをはさまないように、フタを閉じ、ジグヘッドの部分が上になるように、本棚の隙間や、ウェストバック、フイッシングバックのポケット部分に立てて入れておけば、ワームは吊り下げられるので、変なクセが付く事が無くなり、もし、根掛かりでロストしても、ぱっと取り出し、ぱっと結ぶ事が出来るし、飽きられたカラーをローテーションするのにも、かなり手返しは良くなる。

綺麗に両面セット
釣りをしている時間ぐらいでは、クセは付かないので、釣行から帰ってくれば、すぐに立てておくことで、いつでも思い立った時に速攻で出かけられ、短い時間を潰す事無く出かけられるので、是非試して見て下さい。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ