IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
スピンコブラ 誕生秘話 [長編]



対ヘビーカバー用パワーフィネスロッド・スピンコブラ



こんにちは!JBトップ50の阿部進吾です。今回スピンコブラの発売にあたり、その誕生秘話をお伝えしたいと思います。
スピンコブラは 対ヘビーカバー用パワーフィネスロッドとして千葉県房総の亀山ダムで生まれました。亀山ダムは竹のレイダウン、立木、オーバーハング等、ありとあらゆる種類のカバーが存在するリザーバーで 魚の数は多いものの、関東近郊であるが故の釣り人の多さとハイレベルなロコ達により、近年では「スーパープレッシャーテクニカルレイク?」として知られています。そんな中で当然の流れとして、カバーの中に確実にいるが、もはや普通の攻め方では口を使わないバスを釣るテクニックとしてパワーフィネスが生まれました。
パワーフィネスでは 通常ではベイトタックルしか考えられないヘビーカバーにライトリグを入れていくため、中途半端なタックルでは喰わす事ができても魚をキャッチすることは非常に難しくなります。
「ライトリグでなくては口を使わないが ライトリグではキャッチできない」
この矛盾を解決するため、様々な試行錯誤が繰り返され、ラインはPEを使うようになり、ロッドにはライトリグを扱う上での繊細さとPEラインにも負けずバスをカバーから引きずり出す強靱なバットパワーを求めました。しかし、現在流通しているスピニングロッドにはなかなかその条件を満たしてくれるロッドはありませんでした。そんな中、当時 房総チャプターで、ベイトロッドをスピニング仕様にして使っていた変な人が チャプターチャンプの斉藤真也君(現チーム極メカニック担当)で ※チーム極とは…阿部進吾所属のロコチーム※
なんと彼は 70Hというとんでもないロッドをスピニング仕様にして使っており、「阿部さん、この竿どーすか?カバーに
チョーいいっすョ」などと勧められたのだが、あまりの硬さとその重さに ハッキリ言って僕はかなり引いていた。
そもそも 何故そこまでしてスピニングにこだわるのか?ベイトでいいじゃん!!と思う方も多いと思うので、その利点を説明すると、なんと言っても一番の利点はその扱い易さとそこから生まれる手返しの良さだ。1/16oz程度の重さしかないリグをベイトロッドで自在に操る事ができればそれでも良いのだろうが、そんな器用なことができるのはサトシンさんぐらいなもので、バックラッシュのリスクやキャストのしやすさ等を考えれば普通の人は断然スピニングのほうが扱いやすいハズ。実際に試してみればよくわかります。
話を元に戻しますが、その斉藤君のヘンなロッドはさておき、相変わらず理想のロッドを求め、あーでもないこーでもないと これまた房総チャプターチャンプの中村哲也氏(現チーム極 組長 別名 東の中村哲也)と話していると、おもむろに組長 中村氏がテムジンコブラにスピニングリールをセットした。そのロッドを手にした2人は目をキラキラさせ顔を見合わせて 「うぉーっ!!これだ!!」
テムジンをぶっ壊してスピニングに改造しようという 天才的かつアホな発想はこの時に生まれた。さすがは組長…。その日のうちにチーム極のメカニック担当の斉藤君の元へと送られ、一週間後「コブラ改」が誕生した。
完成したロッドはライトリグを操る繊細なティップ、バスをカバーの奥から引きずり出すバットパワー、そして扱いやすさを生むその軽さと、全てを高いレベルでクリアーしており、対カバー用の秘密兵器として ワールド戦での実戦投入が決まった。が!!しかし!!ここで一つ重大な問題が発生した!!

阿部  「中村さん・・・俺さぁ、このロッド、ワールドで使うよね。と いう事は当然 今江さんにも会うよね・・・。
    まさかとは思うけど、今江さんに会った瞬間に
    『あ〜べ〜。オ・ノ・レ・ ワシのコブラになんちゅーコトしとんのや コラ』とか言われたりしないよね?」

阿部・中村 「・・・・・・。」
中村  「見つからんほうがいいかもな・・・。」
阿部  「はい」

「コブラ改」は超シークレットロッドとして使用されることに決まった。
こうしてワールド戦に実戦投入されたコブラ改はそのポテンシャルの高さでワールド戦 阿部進吾のカバー攻略のメインウェポンとして超ひそかに活躍していた。そして迎えたワールド第3戦高滝ダム終了後・・・・・

阿部  「あっ、おつかれ様です」
今江さん「おう、おつかれっ!そうや、あべ、おまえカバー打ち どんな竿使っとんのや?」
阿部  「・・・はっ?!あ・・・いや・・・ええっ??」「実はコブラをかくかくしかじかで・・・」
ビビリたおす僕に今江さんは超優しく、
今江さん「そんな事しとったんか!!」
     「それやったらウチでちゃんと作ったるわ!!細かい仕様書いてFAXしといて!!」


と言ってくれた。
こうして「コブラ改」は今江さんの元で持ち重りを無くすために1インチ短く 6.4フィートになり、グリップはセパレートになり、
さらに PE使用時のライントラブルを減らすため、ティップ部にはエギ用極小ガイドが採用され、超実戦仕様「スピンコブラ」として誕生したのである。
「スピンコブラ」
この一本のロッドはワールドシリーズを戦い抜く超強力な武器となったばかりか、結果的に今江さんと僕との縁までもつないでくれ、僕の人生まで左右しそうなポテンシャルを見せてくれた。長いこと 釣りばかりの人生を送ってるとこんな事もあるんですね。
2005年も僕はこのロッドを武器にトップ50チャンプ目指して戦っていきます。今年のトップ50 楽しくなりそうだ。






HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ