IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
TOP50第2戦 旧吉野川戦  続報!!

速報!!〜」を見てくれた方はもう知っているかと思いますが、おかげさまで、今回のTOP50第2戦にて、何といきなり準優勝することが出来ました!!
会場には本当に多くのギャラリーが集まってくれていて四国バスフィッシングファンの多さとその熱さにびっくりしました。会場まで応援に来てくれたみなさん、それから「SHALLOW BOMBいつも見てますよ」と声を掛けてくれたみんな、
本当にありがとう!!おかげで最高の5日間を過ごすことが出来ました!!
念願のトレーラーウェイイン、ドキドキですね。
前回の「速報〜」では、おおまかなプラから試合までの流れをお伝えしましたが、今回は続報として、試合中僕がメインで狙っていたテトラの釣りとパワーフィネスでの攻略、なぜ、そこを選び、どう釣って行ったのかを教えちゃいます!!
朝一、丸洲の水門で来た!緊張の一瞬。
写真提供:ロッド&リール/柳生
まずテトラを選んだ理由だが、初日、最上流部でサイトフィッシングをしているときに、ふと、あることに気が付いた。
2つ並んだ最上流部のワンド・・その1つには、スポーンを意識したバスが数多く入って来ているのに、もう1つのワンドには全くバスの姿が無い。
条件的にはさして変わらない様に見えるこの2つのワンドの決定的な違いは、流れだった。
旧吉野川は水門の開閉により、1日で1メートル程も水位が変わる。下流側のワンドは大きな2つの岬に流れをプロテクトされているのに対し、上流側のワンドは一見、穏やかに見えてもひとたび水門が開くとかなりの流れが出る。その流れの速さといったら、82lbエレキ全開にしないと流されるくらいだった。
「スポーンを意識したバスが明らかに流れを嫌っている」
この事実に気が付いて、ボートを最上流部から一転、今度は最下流部に向けた。
狙うレンジは「2.5m」!!1.5mのMAX減水時でも十分な水位のある深さとしてそれがベストに思えた。
このとき、もう一つのひらめきが・・
「最上流のバス、やたらとカバーに付いてたなぁ・・・テトラか!!」
[最下流部]、[テトラ]、[2.5m] これか!!
阿部ピューター絶好調!!いつもこうだといいんだけど・・
こういう追いかける展開の試合は、いったんハマリだすとマジで超楽しい!!野尻湖以来のノリノリモード突入!!
1300g!後一本あれば・・・。
写真提供:ロッド&リール/柳生
今回のテトラ攻略のキーは、
2.5mレンジを誰よりも確実にキープする為にショアラインと平行にテトラのアウトサイド2.5mラインを釣ること、そして超ウルトラスロー、これがキモだった。1/20ozのスモールラバージグを、それこそ1つ1つのテトラをなめるように、持ち上げては落とし、落としてはステイ、そしてシェイクを繰り返した。
1kgの壁がなかなか難しい。最終日8本目。
写真提供:ロッド&リール/柳生
今回はこのリズムが本当に命で、少しでも速くなるとバイトは激減した。そのため試合中も、釣れなくなったなと思ったら「もっとゆっくり」と自分に言い聞かせてキャストを繰り返した。

これを、テトラのアウトサイドでは テムジンエアリアルに東レ・スーパーフィネスの4lb、少しテトラにからめる時は フィランギにスーパーフィネス5lb、またこれのフォローとして ハイパフォーマンスにスーパーフィネス5lbでネコリグ、そしてテトラの中を撃つときは スピンコブラにPE1.5号で撃つという「テムジン最強パワーフィネス部隊」を投入して攻略した。
今回はかなりの選手がテトラでラインブレイクしまくっていた様だが、僕に関してはテトラを撃ちまくっていたにも関わらず、なんと今回、プリプラから通して9日間ラインブレイクはゼロ!!自分でもびっくり!!タックルバランスの重要性をあらためて痛感させられる試合でした!!
これは試合でも僕が最も信頼しているセッティングなので皆さんも普段の釣りに是非、参考にしてください。
次回も引き続き、旧吉野川戦の詳細情報をアップする予定ですので要チェックです!
決勝はプレス同船がルール。
詳しくは次号ロッドアンドリールを見てください!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ