IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
クランクの秋ですよ! の巻

今年も秋がやってきた!クランク、スピナベにビックベイト、etc・・秋は巻物、と良く言われるが、本当の所はどうなの?
実はやっぱりそうなのです。いろいろと理由はあるだろうが、僕がそう感じるのはベイトフィッシュの変化が一番の理由。春から夏へ、エビや虫等をメインベイトにしていた固体も、9月中旬くらいから次第に魚中心にベイトを変化させていく。といっても、春先からずっと魚しか食べないバスもいるし、バス達が自分の健康を考えてベイトを変えているわけでも無いので、湖の中で最も多く、食べやすいのがオイカワやハス、ヨシノボリ等の魚系に変わっていく、という事だと思います。

では、ベイトが魚に変わると何が起こるのか、と言う事だが、まずルアーに対するバスの反応が変化する。当たり前の事だが、横に泳ぐ魚を中心に捕食を繰り返すためか、横移動するものへの反応がとても良くなり、ベイトも成長しているので大きなルアーへの反応も良くなる。そして、ベイトと共にバスも移動を繰り返し、広いエリアに散っていく。
その反面、この時期から小さなモノやゆっくりフワフワとした動き、点系の動きへの反応はあからさまに悪くなっていく。広いエリアに散ったバスを探すには効率が悪すぎる、というのも反応が悪いと感じる理由の一つ。
サイトでの経験から言うと、秋口になるにつれ、春に比べて何故かバスは食う前にルアーをすご〜く観察しているような気がします。春からずっとルアーを投げ続けられ、どんどん学力アップしているのか、とにかく奴らは秋になるとセレクティブになり、じっくりとルアーを見せてしまうとジロジロ超見まくった挙句に見切る事が本当に多い。それに対して僕はルアーを石やブッシュ等のカバーに隠したり、重めのジグヘッドでスピードを出したりしてリアクション要素を出来るだけ高めて応戦しているのだが、とにかくこの時期は、「ルアーの実体を極力見せない」「見切るヒマを与えない」という事がサイトでは最大のキーになっている。そこまでやってもバイトまで持ち込むのはかなり難しい。となると、結局この時期は広いエリアに散ってしまったバスを必死で探してセコセコ食わせのサイトをするよりも、勝手に横に泳いでくれて広いエリアを探る事が出来、スピードも自在に操れ、リアクション要素の高い巻物系がどう考えても有利、ということになってくる。

空高く・・すっかり秋です
秋仕様?スモラバの様なデカラバのような謎のジグでゲット。
スカイスクレイパーIK400は相性バツグンです。
実際に10月以降の試合でサイトにこだわり、お立ち台の無かった僕が始めて秋にお立ち台に立ったのは、ミノーとシャッドで押し通した10月の遠賀川だったのがいい例。
このあたりが僕が思う秋は巻物!と言われる理由ですが、まあ巻物は何よりやってて楽しいしね!!これからが秋本番!巻きまくって巻物の醍醐味を満喫しちゃいましょう!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ