IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
秋のきまぐれバス攻略! の巻


フラッピンソニックにヒット!



ポツポツ紅葉もはじまり、季節もすっかり秋らしくなってきましたね。今年は猛暑の影響で水温の高い日が続いていたが、ここへきてようやく湖の中も一気に秋へと向かい始め、日に日に水温も低下し、バス達もベイトや天候に左右されたかなり気まぐれな反応を見せ始めている。
秋は巻物、という事をこのコーナーでもお伝えしてきましたが、こうなると更に喰わせの釣りでは喰わせきれなくなり、フラッピン等の鉄板系やクランク、スピナベ等、リアクション要素の強いルアーで、はっきりとリアクションを意識した釣りを展開していく方が明らかに良い釣果に結びつきやすい。
他のルアーでも同様、例えばカバー撃ち等でも「ジグでふわっと」よりは「重くて早いテキサスでいきなりドン」等の方が間違いなく勝負が早いし、ライトリグでも「スモラバでふわっと」よりは「重めのジグヘッドでキビキビ」の方がいい。
最近僕がハマっているビックベイト、スイムベイト系もそう。あれはデカい波動と存在感がリアクション要素になっている。しかも突然のラッシュに遭遇する率も高い。

なかなかキビシイ!ただし喰いまくっている分、釣れればブリブリ!
これからの時期のド定番、フラッピンでゲット!
ただそれでも簡単に釣れる訳ではないのだが、一日の釣りを終えてみると、食わせに徹した人よりも、一日巻き倒した人の方が釣果もサイズも上だった。と言う事が起こりやすいのがこの季節、と言う事。
食わせの釣りで釣ろうと思ったら、かなりの精度が求められる。適当に流して何とかなるというレベルでは決して無い。最近の高滝ダムでもバスのスクールがワカサギを狙うとんでもないフィーディングを良く目にするのですが、目の前でずっとボイルが繰り返されても、釣り方が合わないと本当に一切釣れない。「どこで」「どのように」「何を食うのか」をバスがきちんと決めていて、それ以外は絶対食べません!って感じ?リアクションを意識する、というのはこのような確実にいるにはいるが喰わない状態のバスに無理やり「思わず」口を使わせる事だとイメージして貰えば多少わかりやすいかもしれない。
いずれにせよこれを意識するかしないかで釣果は間違いなく違ってくるので是非チャレンジしてみて下さい。

こんなワカサギがいっぱいいます。
このワカサギを意識した釣りが今の季節のポイント。
もう一つ!アベヤンマトレーラーが発売になりました。
ワームとしても使えるので使い方は様々ですが、何といってもお勧めはキャロ。キャロで使うとリバースアームが自ら水を掻いてヤゴやゲンゴロウのように泳ぐ!しかもアクションを止めると同じように水を掻くようにもがきながら浮上します。やはり水生昆虫っぽく使うのがおススメです。あとは単体でも飛距離が出せるので、マスバリで虫として使いたい!とか自作の虫を作ってみるのに使いたい、等の声も多かったので、皆さん色々試行錯誤して使ってみて欲しいと思います。こちらもチャレンジしてみてください!

ジグヘッドにしてみるとルックスは完全にヤゴです!
最後に!やっぱりライフジャケットを着ていない人が多い!自分が着ていても彼女が着ていない、なんていうのも目にします。秋になり水温はどんどん下がっているしこれからもどんどん下がります。万一の落水時にライジャケを着ているかどうかは生命の危険に直結
するでしょう。面倒でも絶対にライジャケは着ましょう!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ