IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
寒波真っ只中・・しかし! の巻

どうも!最近とっても病弱な阿部です・・。結局この年末そして年始とず〜っと風邪を引き続けたままになってしまいました。ラーメンばっかり食べてるからだよ(笑)と何回言われた事か・・そんな中、テレビでもこの冬一番の寒さになるでしょうと言っていた1月14日、懲りもせず鼻をすすりながら霞ヶ浦水系陸っぱりへと出掛けてきました!!

例年、1月中旬のこの時期、それまでとは明らかに違う強烈な寒波がやってきます。それまでは冬といっても、比較的水深のあるカバー等をスモラバ等でネチネチやっていれば、ちょっとは遊んでくれていたバス達も、大体この頃の強烈な冷え込みであきらかに反応が悪くなります。と、同時に、毎年いよいよシャッドでの釣果がライトリグ部隊の釣果を上回り始める時期でもあります。本格的な冷え込みによって、食性からバイトに持ち込むことは極めて難しくなり、リアクションを駆使する方がバスに辿り着く近道になる、と言う事でしょう。

MAXレベルの水温低下によってバスの反応は激悪。まあ、そんな状態のバスを狙うのだから、1本のクイで永久にダウンショットをシェイクしたくなる気持ちは分からなくも無いのですが、震える体でナチュラルシェイクしているより、僕のお勧めはやっぱりシャッド!!
この時期に釣りをしていてすごく感じる事は、「時間」「ポイント」「ルアー」等の正解の幅が凄く狭い!!という事。
例えば時間なら、一日の気温、水温が最高に達する夕方にバス達がまとめ食い?している気がするし、ポイントも水深があり、北風をプロテクトしている所等、バイトの出るエリアは限られるし、その中でも夏に比べてバスのテリトリーは極端に狭まっている。さすがにルアーは比較的正解に幅があると思うが、それでもその短い釣れる時間、エリアの中で正解に辿り着き易いモノである必要がある。
ライトリグではあまりにもサーチ力に乏しすぎ、ロスが多い為、サーチ力もあり、効率も良く、なおかつピンスポットでのリアクション能力も高いシャッドの出番がおのずと増えてくるという訳です。

同じポイントでも明らかにバスのテリトリーは狭まる。
冬はバスの位置、状態にピッタリ合わせてあげる必要があります。
前回も書きましたが、この時期のシャッドのもっとも効果的な使い方は、ここぞというピンで「ぎらっつ」というフラッシングで誘うこと。僕のカラーチョイスに金黒が多いのはこの為。ただしバスがトロイのでスピードは遅め!スピード、レンジ、ちょっとズレても食ってこない事が多い。狙ったピンの狙ったレンジ、精度が上がるほど釣果も間違いなく上がります!お試しあれ!

この時期のほぼ麻痺状態のバスには(ハッとしてグー)作戦で!!
もうすぐリリースのプロトシャッド、炸裂中です。乞うご期待!
冬のバスは本当にプロポーション最高です!・・
なかなか釣れないけどね・・。
結局この日の陸ッぱりでは、夢の中で爆釣したモグラで不発、念のために試したスモラバで寒すぎてギブ、ならばと巻いたシャッドでデカ×2本という釣果でした!!まだまだ寒いですが皆さんも寒さに負けず出掛けてみましょう!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ