IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
トップ50第2戦七色ダム★打ち上げ成功 の巻

バストーナメントの世界には、過去多くのトーナメンターを一瞬にして不幸のどん底に落として来た恐るべき罠、「ロケット」というものがあります。
今回、奈良県は七色ダムで開催されたトップ50第2戦で、僕は約7年振り位にこの「ロケット」を打ち上げ、見事予選落ちをくらう事となってしまいました。今回のシャローボムではそのロケット打ち上げの模様をバッチリお伝えしたいと思います。

七色ダムといえば、お隣の池原ダムと並び、多くのロクマルを記録している日本有数のビックバスレイク。しかも季節はスポーニング真っ只中!多くの選手がそうであったように、今回の僕もそのロクマル探しにプラの時間の多くを費やしました。その結果、直前プラでは4本の50〜60cmクラスのバスを確認、保険的バックアップパターンとして、レイダウン周辺のライトリグで5本で2500gは作れるかな?という七色ダムとしては、予選通過はほぼ安全圏といえるパターンを見つけて本戦を迎える事となりました。

そして迎えた本番当日。15番という好スタートで4本のデカバスを見つけていたエリアへ直行!しかし、朝一番、いざそのエリアに着いてみると、完全無欠のスッカラカン!!
超重要な朝一、予想外の出来事に頭の中は「???」でいっぱい。何とか崩れたリズムを取り戻すべく、バックアップのレイダウンパターンに変更。1本づつキーパーを抜いていきました。3本目に出会い系サイトで発見した1キロ弱のキッカーをキャッチし、ようやく一安心。何とかリズムを取り戻し、11時にリミットメイク完了。入れ替えを開始しました。しかし、一本、また一本と順調に入れ替えを進める裏側では、刻々と打ち上げへのカウントダウンは進んでいたのです。
午後1時半、残り2時間でエリアを移動し、またまた入れ替えサイズをキャッチ、入れ替えをしようとライブウエルを開けたその瞬間、「バシャバシャ!ジョボン!・・」という音と共に黒いロケットが湖へと発射!あっという間に沈んでいきました。「うわ〜!!いった〜!・・・って誰だ?」恐る恐るライブウエルの蓋を開け、中をのぞくと中には4つのフィッシュマーカーが・・。打上げられたのは先ほど出会い系サイトで仕留めた1キロ弱のキッカーフィッシュでした・。100gアップ入れ替えのはずが、何とマイナス700gの入れ替え・・。気持ちを切り替え、残り時間入れ替えを繰り返しましたが、結局初日は1870gで42位スタートとなってしまいました。

2日目はもう捲るしかない、厳しい展開。一本でも、1gでも多くと入れ替えを重ねた結果、ウエイトは2910g、かなり微妙なところか?と思っているとドキドキの予選通過発表で僕の名前が呼ばれたのはなんと31位・・。あまりにも痛恨すぎるロケット発射と
なってしまいました。

2日目は2900g、頑張ってマクリにいきましたが・・
これが問題のライブウエルならぬロケット発射装置?
真ん中の穴から発射しました
当然こんなのは絶っっつ対にあってはならない、とうの昔に克服したはずのスーパー凡ミスなのですが、ああ無常・凡ミスは忘れた頃にやってくる・・。
おかげで最終日は会場でブースのお手伝い!

最終日、僕は東レさんのブースで新商品のPEライン・ブレイド等の商品説明!
イマカツブースの商品説明は渡辺さん!
後ろで社長の目が光ってます(笑)
今回も交通の便があまり良くないにもかかわらず多くの方が会場まで応援に駆けつけてくれました。応援してくれた皆さん、声を掛けてくれた皆さん、ありがとうございました。次回、このストレスを爆発させたいと思います!

やっぱり出ました、
最終日に小林プロが持ち込んだ65センチ近いモンスター!!
山奥にひっそり佇む池原ダム・七色ダム、確かに遠いけれど、この素晴らしい景色・ポテンシャルは交通の不便さに守られていることもまた事実だと思いました。皆さんも機会があったら是非一度遊びに行ってみて下さい。期待に応えてくれるすばらしい湖ですよ!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ