IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
今年も巻き物の秋に突入!の巻き





早いもので9月ももうすぐ終わりですね。トップ50最終戦の桧原湖まで、桧原湖プリプラ〜ガイド〜マスターズ最終戦の野尻湖〜チャプター最終戦〜本番とドタバタなので、ここ数日は慌ただしい日々を過ごしています。

今年は9月に入って残暑というような暑さも無かったせいもあってか、水温の低下も早く、桧原湖のプリプラから戻ると湖は一気に秋の様相に様変わりしていました。


秋と言えばやっぱり巻き物、今年の秋は全国的にモグラチャターが炸裂しそうな雰囲気たっぷりですが、アベガイドサービスでもシャローではモグラチャター、ミドル〜ディープでは既に定番となったスーパーキラービルやIK400、IK500等のディープクランクでも釣果が出始め、いよいよ秋だな〜と感じています。


毎年の事ですが、適水温に近づき、エリア、レンジを問わずに広い範囲を活発に泳ぎ回るバス達を相手にする為には、やっぱり巻き物が最も効率的という事になります。ディープを効率よく探る事の出来るディープクランクは、そんな秋の定番ルアーの1つですが、意外に多くの方が使い切れていないルアーでもあります。
ディープクランクは、狙ったレンジを攻めてナンボ、というのが基本ですが、太すぎるラインを使用している為になかなか狙ったレンジまで届かない、もしくはボートの真下まで来てようやく狙ったレンジに到達、なんていうのが最も陥りがちなワナ。ディープへと潜っていくルアーとそれに繋がるラインが受ける水の抵抗は想像以上で、もちろんラインは細い方が抵抗が少なく良く潜る。僕の場合、ディープクランクを使う場合は、フロロの8ポンドが基準、さらに潜って欲しい場合にはPE1.2号を使ってみたり、反対に少し潜行レンジを抑えたい場合にはあえて太いラインを使用してみたりもします。浅すぎず深過ぎず、狙ったポイントにかすかにタッチするくらいが理想です。


何度も言いますが、巻き物のキモは「コース」「レンジ」「スピード」の3箇条!レンジとコース、それにリトリーブスピードを合わせて、ぐるぐる〜ブリッとオダにかすって「ゴン!」という感じが最高ですね♪ハードルアーでのラッシュを期待できるこの季節を逃す事なく、皆で楽しみましょう!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ