IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
もう1つの秋パターン!の巻

前回、ディープクランクやシャッド等、巻き物の秋の話題をお伝えしましたが、今回はもう1つの秋パターン、巻き物のフォローとしての秋のオススメワーミングテクニックをテーマにお伝えしていこうと思います!

今回僕がオススメする秋ワーム、それは「ジャバスティック!」
ジャバスティックについては過去にもお伝えしていますが、リアクションが効果的になる秋は僕の中でやっぱりジャバスティックの出番となります。


普段からサイトフィッシングをしながらバスを観察していると、例年9月〜10月にかけてのこの時期に明らかにバスの反応が変わってきます。
何がどう変わるのかというと、まず1つ僕のイメージとしては、じっくりとスローにルアーを見せる誘い方をするとルアーである事をあっさりと見切るようになるという事。もう1つある程度ボリュームがあるモノ、横への動きや素早い動きに対しての反応がスゴく良くなる!という事。これらは毎年決まって起こるという事から考えると、やっぱりベイトと関係があって、成長したベイトを普段捕食している為、ある程度ボリュームのあるルアーが良かったり、また成長に伴ってベイトの遊泳能力(逃走能力?)も上がっている為に横方向へのアクションや逃げるような素早い動きに好反応を見せるように思います。


では何故そこでジャバスティックなのかという事です。
僕がジャバスティックを使う場合、ほとんどがノーシンカー又はヘビキャロで使用します。ノーシンカーは表層の早引きで使用してリアクションバイトを狙います。バスの潜んでいそうなストラクチャー(ウィード、マンメイド、杭、護岸など)の際をかなり早目にただ巻きするだけで、いきなりひったくるようなバイトがあります。スピナベやバズベイト、シャロークランク等と同じような使い方で、これらのフォローとして効果的です。


コツはコース取りとスピード!基本は一定スピードでのリトリーブで、スピードを上げる事はあってもとにかく止めない事!ワームとは思わず、巻き物と思って使うのがポイントです♪そしてもう1つのオススメがヘビキャロ!これははっきり言ってかなりヤバい!重めのシンカーと短めのリーダーを使用したリアクションキャロとの相性がとにかく抜群!2〜3回の強めのトゥィッチ&ポーズで使うと、ポーズ時には「ふわふわ〜」 と漂い、バスが「何だろう?」と思って寄って来た瞬間にいきなり「ピャ!ピャ!」と逃げだすようなアクションになります。このアクションがバスの狩猟本能をモーレツに刺激するらしく、リアクションが有効となる秋になると特に威力を発揮します!
僕の場合、4インチを基本としてベイトのサイズに合わせて3、或いは5インチ、時に1〜2インチとサイズを変えながら使用しています。これからの時期が本番ですので是非とも1度試してみて下さいね!


HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ