IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
ニューカラー・高滝ワカサギ&高滝レジェンド の巻






今回のシャローボムでは、間もなくリリースとなるニューカラー、高滝ワカサギ&高滝レジェンドのリリース直前解説をしたいと思います!

まずは皆さんも一番気になっているであろう、高滝ワカサギについて!
このカラーは、日本全国津々浦々、ワカサギカラーは数あれど、本当にワカサギらしいワカサギカラーは世の中に無いのでお願いします!という僕のリクエストで、今江さん自らが夜なべまでしてカラーリングして送ってくれたという由緒正しいサンプル!・・を、僕が自らの命を賭してダメ出ししてようやく完成したという、ある意味こちらも高滝レジェンド!?なカラー(笑)!社長にダメ出し、どんなに勇気のいる事か・・。
そんな命を賭けた甲斐もあって?か、いまだかつて他社ルアーでは見た事のない透明感のあるカラーの背中といい、サイドの青&紫のフラッシングといい、極めて本物のワカサギに近い美しいカラーリングに仕上げて頂きました!さすが今江さん!天才!コロされなくてホントに良かった(笑)


このカラー、テスト釣行の段階から明らかに他とは違う反応で、既に連日バスを大量水揚げ中です!特に背中のカラーリングとサイド青&紫のフラッシング具合は他には絶対ないワカサギっぷりで必見!じっくり見てから使って下さい♪

高滝ワカサギスーキラで連日バスを大量水揚げ中です!


続いてはもう一つのニューカラー、高滝レジェンド
こちらはカラーとしてはプロブルーと言えるカラー。関西方面の方にはプロブルーのハードルアーというとあまり馴染みが無いかもしれませんが、高滝では高滝の代名詞ともいえる春の爆裂ワカサギパターンにおいて、十数年以上も昔から釣れるカラーとして定番化、関東近郊、特に高滝、亀山、両リザーバーに通うアングラーなら誰しも一度は使った事があるのでは?という程の人気色です。それを「ここをもう少し・・」とまたまた命を賭してお願いして生まれたカラー、それが高滝レジェンド!
では何故プロブルーというカラーがそんな伝説にまでなる人気色となったのか、という点ですが、僕のお得意の独断と偏見に基づく阿部理論によりますと、やはりワカサギの放つ青紫のフラッシングとの関係が密接で、青や紫が=ワカサギとしてバスの一つのスイッチに触っているように思います。一説によると、バスは赤や青や紫は色として識別出来るという説もあるし、アベマニアにも書いたように、実際に僕がまだバスの飼育がオッケーだった頃に飼っていたバスは、毎日金魚をエサとしてあげていた所、赤い色の物をチラつかせただけで第一背鰭を立てて大興奮するようになりました。そう考えると、ワカサギがメインベイトの高滝でプロブルーが定番のカラーとなったのもうなずける気がしませんか?

そこら辺をテーマに開発されたのが、今回の青や紫をキーカラーとした高滝ワカサギカラーであり高滝レジェンドです!
勿論、日本全国ワカサギのいるレイクでは爆裂必至、ワカサギのいない湖でも普通に炸裂すると思います♪
楽しみになってきたましたか?間もなくリリースですので、もう少しお待ち下さい!どうしても欲しい!という方は早めにショップさんで予約して下さいね!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ