IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
緊急告知!アベチューン・スーキラリリース!の巻





遂にこの日が来てしまったか・・。僕がいつも使用しているアベチューンスーキラが遂にオフィシャルチューンされてリリースされる事になりました。認めてもらった嬉しさが半分、この禁断の扉だけはシークレットとして閉じたままにしておきたかったというのが残り半分、というのが正直な今の気持ちです。
今回のシャローボムでは、その間もなくリリースとなるアベチューン・シンキング爆裂仕様スーキラの特徴や使い方、そして爆裂の秘密をお伝えしようと思います。


僕の写真にいつも登場しているアゴにシンカーを着けた通称・アゴ玉スーキラが今回の主役。アゴ玉が気になっていた方も多いはず。もともとはサスペンド調整の為に着けたシンカーでしたが、必要に駆られ徐々に重く、大きくなってゆき、現行モデルにたどり着きました。


シンキングと言っても特にカウントダウン等をして使う訳では無く、至って普通に投げて巻くだけのスピンクランク仕様。では何故そこにたどり着いたのか?という所ですが、最大の理由は「レンジ」です。シャッドに限らず巻物全般の最大のキーの1つがこのレンジ。ベイトやバスの泳ぐレンジとルアーが泳ぐレンジが違っていたらオハナシにならない訳で、レンジを合わせてあげる事が巻物好きなら誰でも知っている超基本。ノーマルスーキラの有効射程レンジは約2メートルとちょっとですが、シンキングスーキラはキャスティングでも2.5メートルは楽々クリアー、04〜06号の細いPEラインで使用すると更に伸びるカッ飛び飛距離と相まって最大では3.5メートル以上も潜らす事が出来る。数字の上ではたった1.5メートルの潜行深度の違いだが、実はその違いがもたらす差は極めて、恐ろしく、ありえない程大きい。単純に考えても狙えるスポットの数が2倍近くにもなり、しかも春先や晩秋など、ベイトやバスのレンジがやや深い時には、他の人の届かないレンジにルアーを送り込んでいるのだから当然のように良く釣れる事になる。


「ん?潜るルアーなら他にもあるのでは?」と思う方もいるかも知れませんが、他社のディープダイバーを謳ったシャッドは潜行深度と引き換えにシャッドとしての繊細なアクションを失ってクランクに近くなってしまったものが多く、アクションを極力生かしつつ深さを稼いだシンキングスーキラの釣果は明らかに別格。


事実、昨年10月のキャッチ80本という爆裂を生み出したのもこのスーキラ。しかもシンキングながらスーキラは長いリップのおかげでもともと驚く程に障害物の回避能力が高い為、スピンクランキングで使用する限りは、根掛かり率もサスペンドモデルとさほど変わらない。これがシンキングスーキラの爆裂の秘密だが、さすがにアクションのキレはノーマルスーキラにはかなわない為、僕の場合はノーマル、シンキングをレンジ別に使い分けていて、それが最もオススメ。


爆裂スペックながらあまりにもマニアックな為(笑)、少量生産(しかも次があるかどうか・・?)となるようですのでこれを読んで「欲しい!」と思った方は、高滝ワカサギ&高滝レジェンドカラーと同様、ショップさんで予約してゲットして下さい♪僕的にはいくつ買っても損は無いと断言できるスーパーイチオシルアーです!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ