IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
どうなる野尻湖戦!!の巻

7月1〜4日と野尻湖へプリプラに行ってきました。
今回、野尻湖は梅雨の真っ只中で4日間中2日間はかなりの荒れ模様だった。特に4日目は大雨に加えて風も強く、おかげでバッグの中にしまっていたデジカメが壊れてしまった・・。
車のヒーターで一生懸命に乾かしてみたが全く反応せず・・
なんてこったい。
さて、今回の野尻湖だが、去年と全く同時期の開催ということで、TOP50メンバーみんな手の内バレバレ・・前回僕も紹介したセミ&虫パターンやディープでのシューティング等、去年から今年にかけ雑誌等でもバッチリ紹介されている。
特に去年は上位入賞のほとんどをシャローをセミ&虫パターンで攻略した選手が独占しており、ディープ組から上位入賞したのはスモールマスターの今江さんとシューティングの名手の神谷選手くらいだった。
そんな中迎える今年の野尻湖戦、シャローにかかるプレッシャーはハンパではない。
はたして今年も本当にシャローは爆発するのか?それとも裏をかいてロープレッシャーになったディープが火を噴くのか?非常におもしろい見所だと思う。

今回もパワーフィネスパターンはあるか!?
僕はといえば・・当然シャローのみで勝負!と行きたいところなのだが、今回は本当に展開が読めず、極度のプレッシャーでシャローが潰れる可能性すらある為に、ディープも一応チェックし、去年の野尻湖戦のプリプラ以来、約1年振りに5メートルより深い所でバスを釣った!・・ちょっとウレシイかも・・
いや、喜んでいる場合じゃない!!
付け焼刃のディープが通用する相手ではないことは判りきっている!!やはり全身全霊をかけてシャロー勝負に出たほうがイイのか?しかし、頼みの綱のセミパターン、今年は大雪だった為にスポーンが遅れたらしく、現在のところハッキリ言って今一つである。
ネストもまだまだいっぱいあったしね。まあ、これから次第に回復して行って良くはなるのだろうが、地元のボート屋さんまで「今年の野尻はおかしい」なんて意味深なセリフを言っているもんだから、その辺りの季節感もなんともハッキリせずに不安を誘うのだ。
実際に今回のプリプラでは天気等により?日替わりムードが実に強く、非常に良く釣れる日と全然釣れない日がコロコロ入れ替わって極めて安定感に欠ける内容だった。
真っ黒なスモールは居つきバス、
黄土色は回遊バス。
どちらも蝉好き。
3日間安定したウエイトを出すにはシャローとディープをうまく使い分ける事が必要条件になるのかもしれない。
いずれにせよ今回の野尻湖戦も、非常に楽しみではあるが
かなり難しい試合になりそうだ。

蝉パターンは健在。
でもまだメインではなさそうだ。



シークレットチューン済みのダイシケ。
試合後公開します!


久々に出ましたノジラージ!
試合でもヨロシク!


久々にたたみの上で寝れました。
晩御飯は最高です。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ