IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
天国から地獄!雨のさめうら戦レポート!の巻

トップ50初戦さめうら戦が終了しました。


結果から言うと皆さんご存知のように今江さんが2日目までの2位から見事な逆転優勝を飾りました!ワタクシはと言えば奮闘虚しく今回は36位予選落ち(泣)。


今回のシャローボムでは、さめうら戦の詳細レポートをお伝えしたいと思います!
震災の影響でルールやプラ期間に若干の変更があった今回の試合。僕は前週にマスター河口湖戦に出場し、そのままの足で高知県入りしてプラ開始となりました。少し前に行われたNBCさめうらチャプターの結果をチェックした感じではバスは完全に春モードで、シャローは見えバスだらけ!という噂だったのですが、見ると聞くとは大違い!実際に湖に浮いてみると水温も10度前後とかなり低く、シャローにバスの姿なんて皆無。直前の雨&冷え込みの影響らしく湖はまだ冬と春を行き来している段階のようでした。ただし、4月も末ともなれば日照時間は十分にある為、暖かい日には水温は一気に上昇、バスも一気に春モード、反対に冷たい雨でも降ろうものなら湖は一気にトーンダウン、今回の試合はその変化にどれだけついていけるかがキーになりそうでした。

そんな状況の中、僕の選んだエリア、それは・・そう大好きなバックウォーター!バックウォーターは水温の変化が大きい為、リスキーなのは間違いないのですが、爆発力もピカイチ!
優勝した前回の最終日の爆発も雨のバックウォーター、そして今回、試合中の天気予報も気温20度の暖かい雨の予報!オフリミットとなった直前の木曜日はポカポカ陽気、しかも春のリザーバーは大好物!これは2匹目のドジョウならぬバスを狙う大チャンス?と単純な僕はバックウォーター勝負を選びました。

そして迎えた初日、迷わずバックウォーターへと直行!予想的中、プラでは全く姿を消していたバスがあちこちにウロウロ!「こりゃもらったな」と思ったのもつかの間、何ともかんとも水温がちょっと低いのか、このバス達が全くヤル気ナッシング!とにかく阿部流サイト技をフル活用して挑むも「いや、そうゆう事じゃないんだよね・・」って感じの完全無視というかむしろ麻痺。これはヤバイかもとは思いつつも、気温が上がって一気に食いだした、なんてのもこの時期は良くある話な為、動くに動けなくなってしまい、結局2時近くになってようやく動いたメスを一発だけ仕留めて初日は終わってしまいました。

2日目は昨年の最終日を思い出させるようなバケツをひっくり返したような雨。さめうら湖は南国高知県にある為か、とにかく雨が豪雨(笑)雨というかむしろスコールです。幸い雨の試合は得意なので、意気揚々とスタート準備をしていると、そんな豪雨にも関わらずビルジポンプ(ボートの排水用ポンプ)が動かなーい !オートと手動、2コ装備しているにも関わらずどちらも動かない。そうこうする間にもスコールのような雨でボートに水は溜まるばかり。そういえば河口湖でもビルジトラブルで係留していたバスボートが夜の間の雨で沈没してた事があったっけ。・・ヤバイ。2コ共に動かないならこれはきっと電気トラブル?と配線を引き直してようやく復活、30分遅れでスタートできました。

気を取り直してバックウォーターに到着するとやっぱり?アマゾン状態。まあ、アマゾン好きだし!と水温を見ると、・・は、8度?暖かい雨なのでは?2度も下がってますけど!春に濁り+2度ダウンではかなり粘るもさすがに何の反応も無く、困り果ててしまいました。仕方なくバックウォーターは諦め、反対に湖最下流へと移動!こちらは水温も高く水質も良好!イイ感じの風も吹き出して、何とかモグラチャターで2本キャッチするもそのままタイムリミット。36位で予選落ちとなってしまいました。

前回は雨の恩恵をフル活用して運良く優勝でしましたが、今回はことごとく雨に裏切られてしまいました。河口湖での反省を生かして今回は変化を感じる事をテーマにナチュラルに挑んだつもりでしたが、なかなか難しいです。霞ヶ浦から旭川ダムに会場が変更になった第2戦も雨チャターの思い出の湖。気を取り直して頑張ります。応援してくれた皆さんありがとうございました。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ