IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
間もなく完成!レーシングワカサギ の巻

あっという間に11月、気が付けば今年も残り2ヶ月になりましたね!
今回のシャローボムは間もなく完成となるレーシングワカサギをちょろっと紹介したいと思います。

レーシングといえばまず浮かぶのはやはりレーシングシラウオ!あのルアーは、河口湖の「ワーム禁止」という特殊なレギュレーションと、シラウオにフィーディングするビックバス攻略というかなりマニアック過ぎるシチュエーションを狙って開発されたスーパーローカルベイト。あまりにも特殊で使い手も選ぶスーパーピンスポット系、しかしハマった時の破壊力は絶大!それがレーシングワカサギでした。
それに対して今度のレーシングワカサギは、「誰でも使える、釣れるボイルキラー」が開発テーマです。


亀山や高滝等々のハイプレッシャーなメジャーレイクではワカサギパターンに絡むボイル系、あるいは表層系の釣りは、一部のコアなローカルアングラーにしか簡単には攻略出来ないマニアックな世界でした。しかし高滝なら春爆、亀山なら初夏のワカサギ稚魚に絡むボイルパターン等々は間違いなくその時の湖のメインパターンであり、避けては通れない道!と、いうか超楽し過ぎる世界。実はホントは自分用にだけ作ってシークレットベイトにする予定でしたが、頻発するボイルに向かってフルキャストするもワームでは届かない距離だったり、鼻先寸前で見切られまくりだったりと苦労している釣りガール?を見て「これはワタクシが誰でも使えるボイルキラーを作らなければっ!」と思った次第です(笑)。 まあそんな冗談のようなホントっぽい話はさておき、スペック紹介です♪

レーシングワカサギはその名前の通り、ワカサギパターン攻略が最も得意で、春の死にかけワカサギ、夏〜秋のワカサギ稚魚系沖ボイルなどのワカサギパターンがメインターゲット!しかしながらオイカワ、稚鮎等々の違うベイトに絡むパターンでも活躍中、つまりはベイトに絡む表層系パターンが大好物って事ですね(^.^)b

ワカサギ系カラーがかなり充実!
見やすいハイビズも入る予定。
もちろん鮎や他のベイトカラーもあります


ルックスは先日アベマニアにも載せた写真の通りそのまんまワカサギサイズですが、他にも大きな特徴がいくつかあります。

アベマニアでも紹介したこの写真、
リアル過ぎ、ヤバ過ぎです(笑)

まず1つ目はジョイントボディ。レーシングシラウオと同じくPEラインによるジョイントになっていますが、こちらはシラウオと違い、あえて太いラインを使用して動き過ぎないようにしてあります。トゥイッチした時やポーズ時に僅かに身をくねらせる為のジョイントで、爆裂ルアー、スーキラの、僕が思う釣れる理由の1つであるジョイントボディをヒントとしています。


2つ目!ボディは死にかけワカサギイメージの横向きで上下非対称。ストレート引きでは真っ直ぐ泳ぎ、トゥイッチすると軽くダイブしてくれる形状になっています。フックは真ん中に1つですが、散々試してみた結果、動きをそこなわずかつ最もフッキング率が良かったこの仕様にしました。


そして3つ目は背中とお腹の毛!この毛はルアーの出す水流をスモラバのラバーと同様に、より複雑にする効果を持っていて、ストレート引きの時には泳ぎを安定させるスタビライザーの働きもしてくれます。またポーズ時にはヒレのようにも見えたりしますよ!

ざっと紹介するとこんな感じですがいかがでしょうか?来年はじめくらいに発売となる予定ですので、詳しい使い方等は追々お伝えしていこうと思います♪お楽しみに!



HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ